プラス思考

この頃、負の思考を取り払おうとしています。
なかなかこれが難しいのですが、徐々に負の思考を取り払えてきてる
気がします。むかし、酷かったのはSNSでの負のつぶやきです。
負が悪いわけでもないのだけど、負ばかりつぶやいていたら
やっぱり自分自身が負の螺旋に入りかねないので
気をつけています。

なんでもそうだけど距離感は大事かなと思います。

なんか炎上みたい、サーバ集中負荷。

なんか炎上みたい、サーバ集中負荷が起きていた。
貧弱なサーバなのですぐに落ちる。

正確にはSQLサーバの問い合わせによって落ちたのだろうけど・・・。
貧弱なSQLサーバめ!!

どうも震源地は大阪ぽっい、そこからSNSか何かの
拡散で大きく広がったぽっいけど、今回のことを踏まえて
サーバ上にも生ログ取ることにしようと思いますって取ってた。

ある意味、営業妨害みたいなものですからね、
今回、この中から震源地を特定するのは無理だと思います。
なので、情報提供を求めることにします。

今回、どこから情報をもらい
アクセスされたか知りたいのでTwitterのダイレクトへ連絡ください。
https://twitter.com/zip358com

 

データとして4年、実質、15年ぐらいブログ書いてて思ったこと。

このブログを始めて8年ぐらい経過しています。
4年間のデータは消失してしまったので、4年間のデータしか残っておりません。

8年前といえば、30歳ぐらいだった自分がもうすぐ40代へ
頭の中身は変わらず、40代になろうとしています(駄目だなこりゃw)。

ブログは負の遺産みたいなのだけど、負の遺産も含め自分の今があるので
一生続けるつもりでいますが、過去の記事を読み返すと誤字や文法が変だったりと
呆れるぐらいのブログです、、、。

ここ数ヶ月、週一更新でしたがコレから
記事の本数を若干増やすつもりでいます。PV数はまぁ150~200ぐらいです。
訪問者数はその半分より少し上の値です。

このブログ、皆様のお陰様で毎月のサーバ代金は支払えるようになりました。
有難う御座います。

ちなみにブログは24歳の頃から始めています。
始めは絵日記ブログを毎日書いていました、その当時は
ブログをしているひとの割合も少なかったので今以上のアクセス数がありました。
アニメ会社からの訪問者などもあったりして、ほくそ笑む事もありましたが
ある年の正月にアクセス数が急上昇してコレはやばいなという事で
閉鎖し次はWEBでグチグチ書いたブログを開設したところ、
案の定、会社バレしてしまいコレまた閉鎖。

もうその時からバレたらどうなるのかが、分かったので再度ブログを開設。
ある意味開き直りで今に至っていますが、どちらかと言えば辛口な記事が多いため
リアルではひとが離れていく一方です・・・が、
ネットでは逆に反比例しています。

リアルが本当の所、充実したいのですが
イマノトコロ、非充実です。

リアルを充実したければブログやSNSはしない方が良いですね。
個人がブログやSNSで発信する世の中ですが、リアルで得することはないです。

映画、ザ・サークルを観てきましたよ。

映画ザ・サークルの感想はツイッターに掲載しましたので特に
書かないです。その代わりにSNSについてうにゃと書いてみます。

https://twitter.com/zip358com/status/929215853706407936

SNSとはフェィスブックやツイッターの事を指します。
特にリアルな知り合いなどや友人と繋がるのは日本ではLINEがフェィスブックより
使われているのではないでしょうか。

フェィスブックに友達があまりいない、仕事関係のフェィスブックを除けると
リアルに繋がっているのはLINEだけになります。
何度かフェィスブックで旧友の人とつながりたいなと思ったことは
ありますが、まずアカウントが見つからない。
正確には繋がってみたい人のアカウントが見つからないのです、
本音で言えばパソコンに詳しいひとと繋がりたいだけです。

一度、フェィスブックで繋がりを持った事があるのですが
何だか、「いいね」するべしかしないべしかというのが
悩ましくなり二度ほど承認してもらったのにも関わらず
友達から外した事があります。

どちらかと言えば・・・
オンラインで楽しめる人と繋がりたい、例えば何気ないチャットより
プログラミングを一緒に無償で作ってもらえる仲間など・・・。
どうやって探せばよいのやら、寝ても覚めてもコード好きとか
あまりいないように感じます。

ちなみに当たり前ですけど、仕事でコードを書くより
休日ゴネゴネとコードを書いていることの方が楽しいですね。

あぁそういう仲間がほしい今日此の頃。

多分、こうなる未来予想図。

多分、こうなる未来予想図っていうのはあまり当たらないけど
いろいろな人が予想している未来予想で誰もが言っていることは、近い将来おきる
可能性が非常に高いものであると言える。

例えば多様性=グーバル社会からコミニュティ社会へになるという事、
だからと言ってグーバル社会ではなくなる事はないみたいです。
繋がりが多様になると言えばよいのかわかりませんが、SNSの影響は
大きくなるに連れコミニュティ分散化して逆に小さくなると自分は思っています。

なので・・・日本ではSNSのガラパゴス化が進みそう。
日本人にはTwitterやLINEが向いている、逆に向いていないのは
Facebookやmixiじゃないのかということ。

人と人の距離感ですが、
今も昔もそんなに変わらない、
SNSが普及して人間関係がますます面倒くなったと思う人も
中に入ると思います。そんな人でも大体、LINEはやっているという人は
日本人には多い気がします。そんな感じでこれから、仲の良いひとだけが
繋がりあえるコミニュティがあり、そのコミニュティ通しが繋がりあえる、
そういうサービスがSNSの覇王になると思っています。

そういうサービスに一番近いのはLINEじゃないのかということ、
なので、日本文化と近い国ではLINEは普及率は高いといえる。もう一つ思うことは
大きく膨れ上がったSNSは無くならないということ、なので
Facebookみたいに世界に普及しているものは無くなることはないだろうと。

自分みたいに誰ともつながっていないFacebookをどうにかする事が
できれば、Facebookは凄いだけどね。たぶん、Facebookもそういう事は考えていると
思います。要するにアカウントは作ったけど誰と繋がれば良いのかわからない人がいると思います。
そういう人たちを上手く人と繋がらせれば世の中は変わるのではないかと思うですけどね。

 

SNSと自分(仮)

LINEぐらいしかSNSとして使っていない自分が
SNSのことを語ると浅い感じの内容になるので、SNSというよりは
ネットマナーについて少し記載します。

ネットマナーというと面倒くさいと思う方もいると
思いますが、やっぱりネットマナーってリアルのマナーと同じぐらい
大事かなと思います。マナーが良ければ友だちが増えるわけではないですけど
それでも、ネットマナーの最低限のこととして他人に誹謗中傷は
書かないということは大事かなと思います。

誹謗中傷の根底にあるのは人を羨む心なんだろうなと
人を羨む心は誰しも持っていると思いますが、普通の人は
そんなにずっと羨んだりしない、ずっと羨んだりしていると
それが妬みに変わり、最終的に誹謗中傷など相手を攻撃する方に
向かっていきます。そうなると本人が気づくまで誰に何を言われても
自分が行っていることは正しいことだと思い込んでいるので
手に負えない状態になります。

SNS時代に身につけるべき「情報参謀術」とは?を視聴して。

1時間ほどある動画ですけど
聞いて損はないなと思いますし、考えは違えども
ここで話されている人の共通点はじぶんの考え方をちゃんと持っていて
それを伝える力があるということです。平たく言えば信念を持っている人だと
思います。ネットでバッシングを受けたりしたら、どうするか?
というような質問の三宅慎吾氏の発言が面白かった、「私は弱い人間ですから」
「そういうものは見ません」「無視する」「自分の信念を貫く」という様な
若干相矛盾した答えでしたが、これはある意味、納得でした。

そして動画を通して倫理というのは、とても難しい事なんだということも
痛感しましたし、ニューズピックスが情報を発信できるプラットフォームを立ち上げて、
後は発信者におまかせには出来なかった現実やその対応策などなども
面白かったですね。SNSの恐いところは同調する人々の中でいられるという
事なんじゃないかなと思います。反対意見を排除するという事が
出来てしまうというのが、SNSの恐さだと思います。

自分の趣味趣向でフォローしてしまうというのも
その一例かなと、じぶんも怪しいそうな垢やBOT以外はなるべく
受けいれているのですが、それでもやはり趣味趣向に偏っている所が
あります。日本のメディアだけフォローしていると、やはり見えないじゃないかな
と思います。なので視点を変えて日本で起きた大きな事件などを
海外ではどのように伝えてくるかなども大事になると感じます。

今では翻訳機能の精度が昔よりも良くなっているので海外記事の情報に
目を通すことも大事なのかなと感じました。

 

意識高い系と意識高い人

意識高い系と意識高い人の違い。意識高い系は気持ち悪いと記事には直球ストレートで
書かれていて面白かった。SNSが流行してから意識高い系のひとが増えた。
じぶんは意識高い系とテンション低い系の狭間あたりをウロウロしている感じです。

文章を書かせばひとがどんな事を感じ思っているのかが
わかります。SNSの付き合い方やブログの投稿の仕方など
結構、大事なことだと思います。

いまのTVがお粗末なのがよく分かるのが
野々村竜太郎議員の対応だと感じます、野々村竜太郎議員もどうかと思いますが
その後、TV局が面白がって使用しているという事が
はっきり言って問題だなと感じます。野々村竜太郎議員の態度が大人ではないのと
同じで、TV局が行っている行為も大人ではない行為だといえます。

どちらも幼稚なんだと感じます、
いまTV局が低迷しているのは、おそらくココらへんが
問題だろうなと感じます。

要するに子供に対して子供の対応をとる大人が
増えているので、成熟した社会にならないのではないかなと
考えています。要するに大人の子供化が増えているのではないかなと
感じます。人生経験がそのひとを作ると言われます。

人生の苦境なときに
周りにどんなひとがいるのかで、その人のその後の考え方などが
大きく変わるのではないかなと感じます。人を作るのもまた人なりなんです。
昔のひとに比べて、現代人が子供じみたひとが多いのはそこが問題なのかもしれないな
と感じます。それが意識高い系と意識高い人の違いでも在るのではと。

SSL化が進んでいるけど良いの良いの???

どこの独占なのかはお察しください。
これから先、ますますSNSというものを使用しなければ
うまくアクセス数が取れないだろうし、余裕があれば
ネット広告を出さないと行けないだろうなと思うわけです。

そうでもしないと、そんなにアクセス数が伸びることはないだろうと思います。

ちなみに日本人がお好きな検索サイトもSSL化を
着々と進行中だそうです。

SSL化になっても・・・
最終的に長く続けている事と情報の蓄積させることが
大事になのは変わらないとだろうけど・・・。

大変な時代になってきましたね。
どうなるだろうか・・・?????

誰かと繋がりたい症候群、そんな年でした。

誰かと繋がりたい症候群、そんな年でした。
来年もこの繋がりたい症候群は続くのかなと思うとゾッとします。

本音で言えば繋がりたいひとと繋がりたい。
気の合わないひととは繋がりたいとは普通思わないですよね。
誰だかわからない人に(あまりタイプではない人)
今年は何度か友達申請が来ましたが、全部却下しました。

繋がりたい症候群なのだけど
誰とでも繋がりたいわけではないという事が
わかりました。人との繋がりを大切にしないといけないという
事はわかっていますが、誰とでも繋がりたいわけでもないです。

そういう事で中学時代や高校時代の友人知人との繋がり
申請が来ないのもそういう理由からなんだと思っています。
自分が嫌なように相手も嫌なんだろうと思います。

大体、中学時代や高校時代の友人知人は
申請が来れば嫌でも承諾しないといけないような気がします。
はたまた、無視を決め込むかどちらかだと思います。

無視されるたり拒絶されたりすると
自己否定されているのと同じように思うですね。
これも痛々しいことです。

SNSってこういう部分が痛々しいなと思います。