映画、ファーストマン

アポロ計画までを描いた映画です、結構リアリティがある
映画だなと感じましたが、とてもマジメな映画だなとも感じました。

すこし退屈だと思う方もいると思います。
ちなみにspaceXがこの映画に協力しているのですね、
エンドロール見ているとありました。

映画 七つの会議を観てきましたよ。

七つの会議を観てきましたよ。
この映画、結構マジメな社会派な映画ですが
結構、見ごたえがあるなと感じました。

だだ、評価はすごく分かれそうです。
ちなみにエンディング後の最後の最後までストーリーが展開している
映画ってなかなかないですよね。

 

 

昨日は仕事初めでした。

昨日は仕事初めでした。
帰ってきてからAM1:00に寝たんだけどAM4:00に起きて
しまう始末…いまいち、体の体調が良くないです。
寝ないといけないけど、帰ってきてからサーバとかゴニョゴニョしてました。

 

アマゾンウェブサービスってどうなの?

アマゾンウェブサービスってどうなのか?
お安いのかお高いのかというのが自分が一番気になる所です。

試しに一度使ってみようかなと思ったことが
何度かありますが、どうも踏み切れないですよね。

セキュリティ対策などは結構簡単に対策を
取ることが出来るみたいなので便利だなと思う反面、
あまりにも機能が多いのでどれを使用すればよいのか、
迷います。おそらく最初はAmazon EC2を使用して
サーバ構築を行い、その後静的アドレスとドメインを結びつける事により
サーバ稼働するのだろうけれど、設定等を行うのが
正直なところ難儀だなと感じます。

サーバとの通信回線が早いので
応答速度はかなり改善するのではないかなと、
メモリは2Gぐらいが妥当かなとか・・・。

上記の設定などは自分でまぁ出来ます、SSLの設定も出来ますが
問題はお値段なんです、あまりにも月の値段が高ければ
やなんですよね。あとメールサーバーも構築しないと駄目なので
そこのところも難儀です。

ひとつのドメインではなく全てのドメインを引っ越すつもり。
これ以上、サーバ代を増やしたくないので出来れば
ひとつのサーバに集約化したいわけです。

そういう事を考えると安定して動いているXサーバで良いかなと
思ってしまうのですね。

「あぁどうしよう」orz

IPF(Decryption)

To decrypt “ipf”! !
https://github.com/r1emu/IPFUnpacker

Download the zip file from the above URL.
Then execute the following command from the command line.

make clean && make release
Since the “ipf_unpack” package is created, execute the following command from the command line.
./ipf_unpack ./xxxx.ipf decrypt
./ipf_unpack ./xxxx.ipf extract
The decrypted file is stored in the “extract” folder.
This is Linux’s story. By the way, I used this application to see the source code of the game “Tree Of Savior”.

Also, you need to install the makefile “gcc” and so on : )

猫でもできるjsでゴリゴリ

有言実行ということで、ゴリゴリJSのサンプル書いてみました。
と言ってもサンプルなので数行だけです。

唯、これを理解すると結構便利です。使い方は人それぞれだと思いますが
簡単に言えばJSのプラグインの考え方と似ていますね。
最初の部分だけ変更すればプラグインになっちゃうからね。

トイウコトでサンプルです。
本当はボタン押しても何も動かない仕様にするつもりでした。
コンソールログから出力した値から導き出して欲しかったけど
いまどきオープンなので・・・。

サンプルサイトとソースを掲載します。
https://warera-web.com/tool/ajikan_js/

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge,chrome=1">
    <title>猫でもできるjsでゴリゴリ</title>
    <meta name="viewport" content="user-scalable=no,initial-scale = 1.0,maximum-scale = 1.0">
    <script src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.1/jquery.min.js"></script>
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../topcoat/main/fonts/stylesheet.css">
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../topcoat/css/topcoat-desktop-dark.css">
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../topcoat/main/css/main.css">
    <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../topcoat/main/css/brackets.css"><!--[if lt IE 9]>
    <script src="//html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js"></script><![endif]-->
    <script>

        $(function(){
            var ajikan  = {
                ajisen:function(){
                    var str = "味せんべい";
                    console.log(str);
                    return str;
                },neko:function(){
                    var str = "猫が";
                    console.log(str);
                    return str;
                },loop:function(obj){
                    var cnt = Number($(obj).val());
                    console.log(cnt);
                    return cnt;
                },taberu:function(ore,str1,str2,cnt){
                    var o = "";
                    for(var i=0;i<cnt;i++){
                        o+=str1;
                    }
                    for(var i=0;i<cnt;i++){
                        o+=str2;
                    }
                    o+="たべる?";
                    $(ore).html(o);
                    return;
                }
            };            
            $("#ore").click(function(){
                  console.log("oioioi・・投資信託");
                  var e  =  ajikan;
                  e.taberu("#obj",e.neko(),e.ajisen(),e.loop("#cnt"));
            });        
        });

        
        
    </script>
 
  </head>
  <body class="dark">
      <div id="wrapper">
          <section class="component">
              <input type="text" value="" id="cnt">
              <input type="button" value="お!!" id="ore">
              <div id="obj">
                  
              </div>
            </section>
      </div>
  </body>
</html>

 

PHP 型の変換 – javaぽっい書き方で型キャストが出来ちゃう(`・ω・´)

castphp

PHP 型の変換 – javaぽっい書き方で型キャストが出来ちゃう(`・ω・´)
こういう書き方なんか、カッコイイななんて的な書き方で
尚且つ、覚えやすい。int型やstring型などに変換する
関数もあるのですが、こちらの書き方を覚えておいたほうが
楽かなと自分は思っています。

PHPで開発する人達は
こちらを使っている人のほうが多そうな
気がします。多言語にまたがって開発する場合は
こちらの方がわかりやすいのかなとも
感じます。いろいろと言語をまたがると
書き方や構文に悩まされたりします。

完璧に覚えている方なら
全然だと思いますが、自分みたいな
軽く覚えているタイプは多言語にまたがると
構文ミスなどで時間をロスしてしまいます。

型キャスト例

<?php
//bool,unset,array,object等など 型キャスト可能。
$re = (int)$hoge;
$re2 = (string)$hoge;


?>

Googleさん頑張りすぎでしょ。人工知能VS人、囲碁対戦:人工知能勝利って!?

グーグルが最新人工知能使い囲碁ソフト開発 プロに勝利 NHKニュース

Googleさん頑張りすぎでしょ。人工知能VS人、囲碁対戦:人工知能勝利って!?
元ソースはこちら:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160128/k10010388481000.html

この人工知能というものは、かなりのスピードで世界を侵食していくと思っています。

これまでの必要だった仕事が人工知能へ置き換わるまでの期間が
おそらく20年はかかるからと思っていのですが、この発表を
聞く限りでは10年ぐらいで置き換わるのではないかと
思っています。

IT産業の人は人材不足だと言っていますが
おそらくこの分野にもGoogleさんは人工知能が投入して
いくんだろうと自分は思っているわけです。
そうなると今までの仕事を奪われちゃう可能性が
あるわけです。

おそらく簡単なコードならボタン一つで
書けちゃう時代がやってくると自分は思っているわけですが
あくまでも簡単なコードだけです。

ひらめきなどは、人工知能には無いので
おそらく簡単なコード:決まり切ったコードだけは
ボタン一つで書けちゃう時代が来る。
そうなると、今までの人材で事が足りると思うわけです。

今一番、人工知能に置き換わるであろうと
言われているのが、オペーレーターです、
特にメールでの問い合わせ窓口は殆どが人から
人工知能へ置き換わる可能性があります。

ロボットと人工知能・・・・。
脅威だと感じます、ただ便利なものは
世の中へ浸透するのも早いですね。

そろそろ人工知能やビックデータの
簡単な書籍なども発売されるとおもうので
チェックしとこうと思ってます。

 

情報処理技術者試験、一夜漬けでズタボロ。

一夜漬け 情報処理技術者試験

情報処理技術者、一夜漬けでズタボロ。
合格ラインを少し下回っています。

頑張って今月末までには合格ラインに達したいと
思っています。あと15日あるだからおそらく忘れていた
記憶は取り戻せそうな気がします。

その後、午後の問題も取り入れて
勉強をしようと思っています。

頑張っていきましょい!!

おそらく受かるはずだと自分に暗示をかけていると
今まで受かってきたので受かるはず受かるはずと
暗示をかけて勉強に取り組んでいます。

勉強時間とかはとくに決めていません。
今日なんか、30分ほどで終わりました。

ちなみに一夜漬けというサイトでは23年度までしか
データがないので後は、アプリなどを併用して勉強しないと
いけません。過去の問題から6~7割出題されるので
過去問題を解けば解くほど合格率は上がります(´・ω・`)。

情報処理技術者の必勝法は
過去問を制することにあると思っていますので
まずは理解するよりも過去問を制することから
初めて見てはどうでしょうか?

※唯一?問題を配布してくれているサイト:情報処理.jp

Raspberry Pi 2を使った自作IoT体験キットが玄人志向から売られてた。

玄人志向 KURO IOTEXP KIT:Raspberry Pi 2を使った自作IoT体験キット「KURO IOTEXP KIT」

Raspberry Pi 2を使った自作IoT体験キットが玄人志向から売られてた。

このRaspberry Pi 2(ラズベリーパイ)ですが
Linuxの雑誌には大体、登場しています。
去年辺りから火がついてきた品物ですが
これを使っていろいろな事ができるです。

簡単にいえば昔のポケコンのLinuxバージョンだと
思っていただけるとわかりやすいと思います。

Raspberry Pi 2からWindows10もサポート
されているみたいですが、動作しないとか
BBSに書き込まれています。

実際、キワモノの商品なので
玄人志向の方々にしか使用が難しいのかも?

Iot=モノインターネットのが
じわじわと侵食してきています。
でも、いまのところ流行というよりは
じわじわと試行錯誤しながら、新しい家電製品などに
組み込まれているIot、そんなIotを
格安で楽しめちゃうのが、Raspberry Pi 2という
認識でいる自分。

実際、温度計センサーとRaspberry Pi 2を
結びつけて、ある温度になると暑いとつぶやき事も
可能です、他にもカメラと
結びつけることも可能ですし、使いみちは
いろいろとあると思います。

自分もちょっと興味ありです。

http://www.kuroutoshikou.com/product/others/others_iot/kuro-iotexp_kit/