映画、ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 (字幕版)を観ましたよ。

映画、ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 (字幕版)を観ましたよ。これは良かった。

成功は決定的ではなく、失敗は致命的ではない。大切なのは続ける勇気だ
Success is not final, failure is not fatal: it is the courage to continue that counts

 

映画、ファーストマン

アポロ計画までを描いた映画です、結構リアリティがある
映画だなと感じましたが、とてもマジメな映画だなとも感じました。

すこし退屈だと思う方もいると思います。
ちなみにspaceXがこの映画に協力しているのですね、
エンドロール見ているとありました。

映画 七つの会議を観てきましたよ。

七つの会議を観てきましたよ。
この映画、結構マジメな社会派な映画ですが
結構、見ごたえがあるなと感じました。

だだ、評価はすごく分かれそうです。
ちなみにエンディング後の最後の最後までストーリーが展開している
映画ってなかなかないですよね。

 

 

「jetpack」と「Japanese AutoTag」の相性が悪くて公開及び更新出来なくなる不具合について2

jetpackのプラグインが度々更新されその都度、過去記事の対応するのは面倒くさいので
根本的なJapanese AutoTagのプラグインを修正すればよいのではないかと思い
インフルエンザB型療養中にプログラムの修正を行いました。

ファイル名:japanese-autotag.phpの267行目~400行目ぐらいのアレやコレをキャスト(string)するように追加を行いました。
この事によってエラー500を出力されることもなくなりました。

Uncaught exception ‘Exception’ with message ‘Serialization of ‘SimpleXMLElement’ is not allowed’

	function get_word_array( $appkey, $sentence, $filter = '9', $exwords = array(), $expattern = '' ) {

		$expattern = trim( $expattern );
		$result = array();
		
		$url = 'http://jlp.yahooapis.jp/MAService/V1/parse?filter=' 
			. $filter . '&appid=' 
			. $appkey . '&results=ma&sentence=' 
			. urlencode($sentence);

		$c = @file_get_contents( $url );
		
		if( function_exists('simplexml_load_string') ) { // PHP5 or later

			$xml = simplexml_load_string ( $c );

			if($xml === false) {
				return (string)$result;
			}

			foreach($xml->ma_result->word_list->word as $w) {
				
				if( in_array($w->surface, $exwords) ) {
					continue;
				}

				if( $expattern != '' && @preg_match( $expattern, $w->surface) ) {
					continue;
				}
				
				$result[] = (string)$w->surface;
						
			}
		
		}
		else { // PHP4
		
			$dom = domxml_open_mem ( $c );
			
			if(!$dom) {
				return (string)$result;
			}
			
			$wa = $dom->get_elements_by_tagname('surface');
			
			for($i=0; $i<count($wa); $i++) {

				$t = $wa[$i]->get_content();				
				
				if( in_array($t, $exwords) ) {
					continue;
				}
				
				if( $expattern != '' && @preg_match( $expattern, $t ) ) {
					continue;
				}
				
				$result[] = (string)$t;
			}
		}
		
		return array_values(array_unique($result));
	
	}
	
	
	function get_keyphrase_array( $appkey, $sentence, $exwords = array(), $expattern = '' ) {

		$expattern = trim( $expattern );
		$result = array();
		
		$url = 'http://jlp.yahooapis.jp/KeyphraseService/V1/extract?' 
			. 'appid=' . $appkey 
			. '&results=xml&sentence=' 
			. urlencode($sentence);			

		$c = @file_get_contents( $url );
		
		if( function_exists('simplexml_load_string') ) { // PHP5 or later

			$xml = simplexml_load_string ( $c );

			if($xml === false) {
				return (string)$result;
			}

			foreach($xml->Result as $w) {
				
				if( in_array($w->Keyphrase, $exwords) ) {
					continue;
				}

				if( $expattern != '' && @preg_match( $expattern, $w->Keyphrase) ) {
					continue;
				}
				
				$result[] = (string)$w->Keyphrase;
						
			}
		
		}
		else { // PHP4
		
			$dom = domxml_open_mem ( $c );
			
			if(!$dom) {
				return (string)$result;
			}
			
			$wa = $dom->get_elements_by_tagname('Keyphrase');
			
			for($i=0; $i<count($wa); $i++) {

				$t = $wa[$i]->get_content();				
				
				if( in_array($t, $exwords) ) {
					continue;
				}
				
				if( $expattern != '' && @preg_match( $expattern, $t ) ) {
					continue;
				}
				
				$result[] = (string)$t;
			}
		}
		
		return array_values(array_unique($result));
	
	}

 

https://warera-web.com/%E3%80%8Cjetpack%E3%80%8D%E3%81%A8%E3%80%8Cjapanese-autotag%E3%80%8D%E3%81%AE%E7%9B%B8%E6%80%A7%E3%81%8C%E6%82%AA%E3%81%8F%E3%81%A6%E5%85%AC%E9%96%8B%E5%8F%8A%E3%81%B3%E6%9B%B4%E6%96%B0%E5%87%BA.html

cronPHPを作ってみた朝の続き。

71

 

cronPHPを作ってみた朝の続き・・・たぶん、コレだけで十分かと思います(稼働させてないのでどう動くかは不明?)。仕事帰って作りました。この頃、もっと勉強しないとなと思うこの頃です。いまの自分に足りないのは間違いなく技術力です、あとタイピングとか・・・かなり遅いので生産性がかなり低いです。英語を打つのに遅すぎる・・・・。日本語はまぁまぁ早いのですけど。キーを覚えているというよりは何となく覚えているので・・・・なぜ、タイピングできるのか自分でも不思議なのです。

 

<?php
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
////sakuraれんたるさーばのcronは最小設定が五分間隔なので分だけ五分間隔(*/5)にし、////
////あとは*設定にして任意(このファイル)のPHPファイルを叩くと実行される。        ////
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//曜日 0~6 0が日曜日
        $time_w = array("*","*","*","*");
//月 1~12
        $time_n = array("*","*","*","*");
//日 1~31
        $time_j = array("*","*","*","*");
//時間
	$time_h = array("*","5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,22,23,0,1,2","5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,22,23,0,1,2","5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,22,23,0,1,2");
//分
	$time_i = array("*/5","0","0","0");
//ファイルネイム        
	$file_name = array("/home/zen-do/www/warera-web.com/index.php","/home/zen-do/www/warera-web.com/twitterbot/index-2.php","/home/zen-do/www/warera-web.com/twitterbot/index-2-2.php","/home/zen-do/www/warera-web.com/twitterbot/index-2-3.php");
	$tt[0] = date("w");//曜日 0~6 0が日曜日
        $tt[1] = date("n");//月 1~12
        $tt[2] = date("j");//日 1~31
        $tt[3] = date("H");//時間
	$tt[4] = date("i");//分
        $ayMAX=0;
        $MAXS =5;
        for($i=0;$i<count($time_w);$i++){
            $chk[$ayMAX][0]=$time_w[$i];
            $chk[$ayMAX][1]=$time_n[$i];
            $chk[$ayMAX][2]=$time_j[$i];
            $chk[$ayMAX][3]=$time_h[$i];
            $chk[$ayMAX][4]=$time_i[$i];
            $chk[$ayMAX][5]=$file_name[$i];
            $ayMAX++;
         }
        for($ay=0;$ay<$ayMAX;$ay++){
            $flg=false;
            for($i=0;$i<$MAXS;$i++){
                if(preg_match("/\*/", $chk[$ay][$i])){
                    if(preg_match("/\*\//", $chk[$ay][$i])){
                        preg_match("/[0-9]{1,2}/", $chk[$ay][$i],$t);
                        if(!($tt[$i]%$t[0])){
                            $flg = true;
                        }else{
                            $flg = false;
                            break;
                        }
                    }else{
                        if("*" == $chk[$ay][$i]){
                            $flg = true;
                        }else{
                            $flg = false;
                            break;
                        }
                    }
                }else{
                    if(in_array($tt[$i],preg_split("/,/",$chk[$ay][$i]))){
                        $flg = true;
                    }else{
                        $flg = false;
                        break;                    
                    }
                }
            }
            if($flg){shell_exec("/usr/local/bin/php -f ".$chk[$ay][$i]);}
        }
?>