映画、バンブルビーを観てきましたよ。

主役の女性は好きですが、映画自体は内容がいまいちだった。
大人向けより子供向けなのかなと思いつつ観てました。
バンブルビー字幕版、そういう事です。

ドラゴン・タトゥー女:続編:蜘蛛の巣を払う女。

http://www.girl-in-spidersweb.jp/

ドラゴン・タトゥー女:続編:蜘蛛の巣を払う女を観に行きました。
重厚且つ繊細さを持つ映画、デビッド・フィンチャー総指揮、文句無しです。

やっぱりデビッド・フィンチャー監督は凄いな。

 

映画、検察側の罪人を観てきました。

http://kensatsugawa-movie.jp/

https://twitter.com/zip358com/status/1033207577276952576

久しぶりに見応えたっぷりの映画を観てきました、
結構それだけでかなり満足感があります。

ただ、この映画は感動するとかいうストーリー展開はありませんし
悔しい映画でもありません、正義とはなんだということを
この映画を通して考える映画になっていることは
間違いないですね。

※結構、真面目な映画であります。

 

夏バテ感が強い。

疲労、たぶん夏バテで2日間いつも読んでいる最新の話題や記事を
全然、目を通していない。家に帰って飯を食べてバタンと寝るだけの日々。

朝起きて風呂に入り仕事へ。

AI(人工知能)に仕事取られていくだろうなと思う今日このごろ。
ただ、そろそろ自分でも簡単に使用できるレベルのオープンベースの人工知能ライブラリが
でてくるのだろうな。そうなったら良いなぁと思いつつも
やはり人工知能の勉強はしないといけないよなと思います。

 

機械学習では画像や音声で学習させるということを
忘れていたけど、よくよく考えるといろいろな事を機械学習で
勉強させられるということ、例えば最初にABCとフォルダを構えて
その中に正しい振り分けデータを入れてAIにお勉強させる(学習あり)ことで
これは何のデータか振り分けが可能になるわけです。

人工知能は仕分けがお得意だという事。
よくよく考えると荷物の仕分けも出来てしまうのではないかな?
今までOCRで行っていたことを機械学習で置き換えることで
アナログで書かれた伝票にも対応できたりするのではないかと。

主に仕分けや判別する分野では
人工知能は今後、大活躍かなと思います。
この判別する仕事って殆どの仕事は判別する仕事ではないのかと
思ってしまいます・・・。創作(クリエイティブ)する仕事はまだまだ
人工知能に奪われそうにないです。ちなみに人工知能は創作する事は可能です、
ただ創作したモノが良いか悪いかという事は人工知能はわからないからです。

データ上よくても実際、人が見ると全然だめモノばかり?

Access2013届きましたよ(;´Д`)ハァハァ

DSC00946Access2013が手元に届きました。それは良かったのですけどポストに投函されてました。実際、これってメール便ではないので投函ってあり得ないのですが…。1万2千円の品物を投函って!!まぁ田舎だから取っていく人もいないだろうけど・・・と愚痴りながら、中身を開封してたらアレ!?( ´・ω・`)< ショボいぞ!!、プロダクトキーの赤いカードとインストールの手続き書の薄っぺらい紙だけ入ってました{店頭で聞いたとおりだ(´・ω・`)}。さっそくマイクロソフトのアカウントでログインし指定したURLからダウンロード&インストールしました。ちなみに2013の印象ですけど、UI(ユーザーインターフェース)はほぼAccess2010と変わってません、なので2010から移行される方は戸惑うことはないと思います。

今月か来月にはサンプルコードをUPします{忘れているかも(´Д`)、そのうちUPと思ってください}。