映画:ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書

映画、ペンタゴン・ペーパーズ最高機密文書を観に行きました。
若干長い話だけど、後半が徐々に盛り上がってきて良かったです。

正直、中盤まで単調だったので睡魔との戦いでしたが・・・。
実話ベースに作られた話ということなので、やはり見応えありです。
何をスピルバーグ監督が伝えたかったのかも凄く理解できてよかったです。

この映画を見ていて今のアメリカに足りないものは
コレなんだということ、そして日本も同じ様な問題が
あるのではないかなと思えました。

報道関係の人々にはまさしくお薦めな作品です。
最後のラストはグッと来る(感動)ものが有りました。

http://pentagonpapers-movie.jp

情報処理系国家試験が10月15日、実地日になってた。

情報処理系国家試験が10月15日、実地日になってた。
それすらも知らなかったじぶん。

トイウコトデ、じぶんは情報処理系国家試験はうけてません。
一応、情報処理系国家試験の資格を2つほど保有しております。
今後、情報処理系国家試験をうけることはあると思いますが・・・。

どうなるかは未知数ですね。

ちなみに、応用試験まではすごく難しいということは
無いのですと思っているのは自分だけかな?、他の情報処理系国家試験は
結構難しいですね。洒落でうけて合格する人はかなりIQが高い人かなと思います。

資格取得して何か変わったかと言えば何も変わっていません。
ただ、もし今勤めている会社が閉店ガラガラになったとしても
いろいろ資格取得しているので、どこかで拾ってもらえる確率は持ってない人よりは
若干高くなることは間違いないかなと思います。

資格は身を助けるものだと思います。
なので、国家試験系の資格は取得していて損はないです。

@夢

「いつまで夢みたいなことを言っているだ」と嘆かられることだろう。
ただ、夢無くしては人生つまらなくなるのではないかと「夢」があるから
生きていけるし希望も持てるのだと「夢」がなくなると
一気に人生つまらなくなるのではないかと。

ただ毎日を生きているよりも「夢」に向かって生きている方が
若干、こころの持ちようは違うような気がするし
気持ちが若くなるような気もする。

この気持が若いとかいうのは
すごく大事な要素で、大体「夢」を持っていない人は老け込むのが速い気がする。
とくに顔を見るとわかりやすく「夢」を持っている人と持っていない人では
全然違う。ただ「夢」を持っていなくても「目標」があれば
それなり「顔」にでてくる。

歳を重ねるにつれて「顔」が物語ってくる。
若々しく生きたいのならばアンチエイジングなどより「夢」や「じぶんより若いひと」の
意見を聞き「そうだな」と思える感覚を持ち続けることが大事になると思う。

高知県立美術館でチームラボ展がやっていたので見に行った、おまけに透明標本展も見ましたよ。

「高知県立美術館でチームラボ展がやっていたので見に行った、おまけに透明標本展も見ましたよ。」
って事で記録として残しときます。

お一人様で9時(開館時間)頃に見に来ましたが!!
帰る頃には大勢の子供連れが・・・ってな具合で本当に
場違い感覚があったのですが行って良かったなと!

若干、高知県立美術館ではスケールの大きな展示物が少ないかなと次回に期待ですね。
第一展示室ではある展示室で若干画面酔いました。
第二展示室はお絵描きが可能なのですが、入った瞬間・・・
「あっ場違いだと・・・」思い・・・ただ呆然としていたら
チームラボのスタッフさんに呼び止められ半強制的に、お絵描きして
スキャナーみたいなものでスキャン!!、スクリーンに自分の絵が浮遊しているのを
見て・・・「何やってんだろう」という思いが一瞬、過りましたが
まぁいいか、これはこれでと思いながら、立ち去りました。

最後にチームラボへ
悪くはなかったですが、お一人様でも
楽しめるアート作品をもっと作って欲しいなぁ・・・そして繋がれるような作品を!!

切実に!!

 

透明標本展、高知新聞何かで見て期待していったのですが
こちらは若干、期待はずれでした。綺麗はきれいなんだけど
雑然とした展示が、なんか気持ちが萎えた感が強かったです。

一つ一つの作品は綺麗ですよ!!

 

 

プレイステーションNOW(PlayStationNow)は得か損か?

 

プレイステーションNOW(PlayStationNow)は得か損か?

答えは人によって違うと思いますが、自分はあまり遊んでみたいゲームが
なかったかなと思います。定額2500円(税込)は若干お高いかなという感じがします。
これからゲームタイトルが増えていくのでしょう。

今後に期待したいと思っています、ちなみに定額制とは別に
レンタル制で200円(税抜)、400円(税抜)のコースが有り
それぞれ4時間、7日間、30日間、90日間、自由に遊ぶことが
可能なレンタルサービスもあります。

どちらかと言えばコアなゲームファンではない限り、
レンタル制を利用することがオトクなのかもしれないなと感じました。

現在(2017/03/15撮影)のPlayStationNowの遊べるゲームはこんな感じになっています。

http://www.jp.playstation.com/psnow/

映画:ゴースト・イン・ザ・シェル:観に行く映画。

http://ghostshell.jp/引用』

4月7日から上映されるゴーストインザシェル:GHOST IN THE SHELLを
観に行きます。北野武(ビートたけし)氏が日本語でセリフを話していたので
若干、違和感があるのですが、英語と日本語が飛び交う映画になるのかな?
そこだけが、心配の種ですが他は全然、攻殻機動隊の世界観を
リアルに再現している感じがしますので、結構いまから期待しています。

観たらまた、映画の感想なんかを書きますので、
そちらもよろしくお願いします。

春:あと二ヶ月もすれば
春という季節になります。高知県の桜の開花予想は
3月の下旬(23日ぐらい)です。

4月には情報セキュリティマネジメントの試験を
受けに行くことになるのですが、試験問題を見てみると
なんだか、今までのジャンルと違い・・・。

若干戸惑いながら、今日から勉強をしています。

映画、X-MEN:アポカリプスを観てきましたので #映画レビュー

映画『X MEN:アポカリプス』オフィシャルサイト 大ヒット上映中!

映画、X-MEN:アポカリプスを観てきましたので映画の感想なんかを残しときます。
まず、今回のアポカリプスですが、事前に前作を見る必要のない作りになっています。
(※見とくと、もっと楽しめます。)

ちなみに自分はX-MENあまり観ていない方ですが、
それでも楽しめました(TOHOシネマズの評価も星4つと
高評価な出だしです)。エンターテイメントな作品になっているので
子供から大人まで楽しめるかと思います。

あまり低学年だと圧倒されるだけになってしまいそうですが
ストーリーもしっかり作られていて、過去のX-MENのストーリーとも
繋がっていて良かったように思えます。

ただ、X-MENシリーズを全部観ている人は
若干、ベタだなと思うか、王道だなと思うかも知れません。
ちなみに自分が好きなキャラは
ちょっとチャラいクイックシルバーが好きです。

若いのに凄いなと思います。まずは、やってみるという事が大事だと感じました。

DSCF244967543
今日のお題は「やってみるという事が大事」です。

つい最近、高知県の情報を収集できるアプリ、スマとさが、ありんど高知から
発表されました。こういうのが、個人(チーム)でも作れるようになり
配信できるようになったというのは良いことだと思います。若干、ハイブリッドで
開発したほうが良かったんじゃないかなぁと思う部分もあるのですが
それでも開発して配信まで漕ぎ着けています。

こういうのって企業だったら、提案した時点で案を潰されたりします。
収益化になるか分からないだとか言うことで、
なかなか、アプリ開発に至らないだろうと・・・・。

まんまとスキを突いて高知県の情報アプリがリリースされた
わけです・・・。企業は迷っているうちに
これから、どんどん隙アプリがリリースされるじゃないかなと思ってます。
特に田舎には、この隙がまだまだ有りそうな気がします。

特にWEBやITでは高知県は、まだまだ隙があります。
自分がやりたいことでも、まだまだ案があったりします。

ちなみに、そろそろほっとこうちさんは、WEBメディアとして
進出しても良い頃なんじゃないかなと思ってます。
そのうち、ありんど高知さんが無料で紙媒体に進出しかねない
気がします。ほっとこうちさんは、勿体無い事をしている気がする
ですね、まず、紙媒体というベースがあるのだから
WEBもしっかりしていれば今以上に売上アップになると
思います。WEBで無料で配信して紙媒体で
同じ内容のものを販売してもガクッと売上が下がることは
無いと思います。逆に売上がアップする可能性のほうが
高いのではないかなと感じます。

WEBで収益化を目指すなら、広告を掲載すれば
元が取れそうです。

若干、話が逸れましたが
若い人の集団は、やってみるという事が素早く出来て
柔軟だなぁと感じました。トイウコトデ、柔軟に行動するという事は
良いんじゃないかなと感じます。

PAKUTASO/ぱくたそ フリー写真素材

本:心理のタブー大全を少し読んでみた。

Ck0JbRZVEAI-Zmb

心理のタブー大全を少し読んでみた。
読んでよかったと。人たらしみたいな感じの心理の本ではなく
人の傾向を書いている本なので
人間関係がうまく行っていない人などが
読むとその対処法などになる可能性が高いと
思っています。

いま良く言われるようになった
発達障害の方が読むとそれなりに役に立つ
感じがします。自分は若干、発達障害かもしれないと
思っているので読んでいて役に立つなぁという
気持ちがありました(´Д`)。