半世界を観てきましたよ。

半世界を観てきましたよ。
人だよなという映画です、ちなみにエンドロールが
以上に短いのもなんか意味があるなと感じました。

監督の伝えたかったことがなんとなく感じることが
できたかな。ずっと続くはずの日常もということですね。

人生何が起こるかわからないです、だから一日を
大切に生きないといけない、そして身近なひとを…。

ドラゴン・タトゥー女:続編:蜘蛛の巣を払う女。

http://www.girl-in-spidersweb.jp/

ドラゴン・タトゥー女:続編:蜘蛛の巣を払う女を観に行きました。
重厚且つ繊細さを持つ映画、デビッド・フィンチャー総指揮、文句無しです。

やっぱりデビッド・フィンチャー監督は凄いな。

 

映画、億男を観てきましたよ。

映画、億男を観てきましたよ。
本も持っているですが、映画も良かったです。
ネタバレ無しで書くと自分の感覚とお金持ちの友人、また主人公の
価値観と自分は似ているということです。

それにしても、本からここまで映像化できる大友監督は凄いな。
こういう事が出来る人が羨ましいです。

https://twitter.com/zip358com/status/1053285480576442368

この夏、子供に見せたいアニメは「未来のミライ」か「ペンギン・ハイウェイ」だと。

 

http://mirai-no-mirai.jp/

この夏、子供に見せたいアニメは「未来のミライ」か「ペンギン・ハイウェイ」だと思います。
と言っても、自分は未婚ですし、自分の子供を持つなんてことは
想像できません。それに今、結婚して子供を授かったとしても
その子が二十歳になる頃の自分の歳のことを考えると
やはりいろいろと考えてしまいます。

それはさておきこの夏、間違いなく「未来のミライ」は
ヒットするのではないかなと思ってしまうのです、細田守監督が
描く映像表現は一貫しているので間違いです。

もうひとつ実はこれもヒットしそうと思うのが
「ペンギン・ハイウェイ」だったりします、実は自分の予想では
対象年齢が違うかもしれないけれど「ペンギン・ハイウェイ」の方が
ヒットする秘めた要素が強いのかなと思ってしまう。

細田守監督が描く映像は安心して見えるアニメだと思いますが
要素が似ている部分が結構あります。そこをどこまで
新鮮に見せてくるかやストーリー展開がヒットする鍵だと思います。

それに比べて予告から何か観てみたいと思わせぶりが良いのは
「ペンギン・ハイウェイ」じゃないのかなと、おそらく
ファンタジー要素は一切ない気がしますが、それでいて
何か、ありそうな予感がするのは実は「ペンギン・ハイウェイ」かなと。

 

http://penguin-highway.com/

映画、ミュージアムを観ました。

%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%83%a0

映画、ミュージアムを観ました。
映画、セブンの真似た映画だけど・・・・。

自分にとってはただ長い映画でした。
監督の言いたいことはラストで理解することが出来たけど・・・。
こういう映画は自分は苦手ですね。

 

映画、天空の蜂を観てきましたので感想なんかを。 #映画レビュー

『天空の蜂』2015年9月12日(土)全国ロードショー!

映画、天空の蜂を観てきましたので感想なんかを残しておきます。

実は結構期待して観に行ったのですが
ある人が銃を打った後の展開に冷めてしまった。
それがなければ、何とか納得の行く映画展開だったんだけど・・・。

原作が社会派的な要素を踏まえている為、
リアリティにこだわろうして撮影していると感じました。
俳優陣も演技が上手いひとが多かったので
それは良かったと思いますが、結果的にそれが裏目に出て
自分には地味な印象のある映画になってるように感じました。

見応えはある映画にはなっていると思います。
東野圭吾の天空の蜂が原作ということもあってストーリーは
良かったです・・・でも、映像にしてみると何か少しリアリティに
欠けた映像になってしまっている気がします。

監督さんも堤(つつみ)監督何ですけど・・・。

この頃、当たりもしないけどハズレもしないような無難な映像作品に
なっている気がします。次回作に期待です。

追記:映画というよりは自分は原作の東野圭吾 氏が
いまを予期していたかのような内容を書いた天空の蜂に
正直な所、驚きを感じました。ちなみに東野圭吾 氏の本は
1,2冊ぐらいしか読んだことがありませんが今回の天空の蜂、
原発のテーマや日本の負の側面を上手く表現している
ところ等が、凄いなと感じました。

おそらく、3.11が起こる前に原作の天空の蜂を読んでいたら
もっと驚きを感じたように思えます。

映画自体は甲乙つけがたい感じです・・・。

内容は社会派です!!

 

#映画レビュー ジュピター2Dを見て本当は3Dを観たかった。

映画『ジュピター』オフィシャルサイト

 

ジュピターを観てきましたので感想なんかを残しときます。マトリックスシリーズの監督のウォシャウスキー姉弟が手がけたということで期待して見に行ったんですけど、2Dだったという事もあり、普通のSF映画止まりでした。ラストはマトリックスシーリズを見ていたら何か似ているなこの展開っていうのでクスってすると思いますが、一般人がジュピターを観に行って受ける印象としてはまぁまぁ止まりだと思います。マトリクスの映像を見た時よりもの衝撃的な映像革新はなかったように感じます。高知県がこの映画の3D上映を見送った意味が何となく理解出来ました。

まとめ:ジュピターは馬鹿になってみるとまぁ楽しめる映画です、疑問を持ち出すと全然楽しめない映画です。