一流と二流の違いは。青マークだなと。

二流で終わる人は大体、他人の批判ばかりしている。
一流にになる人は大体、他人の批判を途中で辞めるひとだということ。

賢ければ賢いほど、途中で辞めるのが早い
青マークが消えない人は違うなという感じかな。

言いたいことはコレ(今回は残します)。

youtube.com/user/reizrider

この人がやっていることは十分というほど
わかるだけど、いっときは自分も人なので憎んでいたりもしたのだけど
数年前からこの人がやっていることが、言い方悪いけど
どうも心に響かなくなった。

彼にも言い分があるから
それを動画というモノを通して伝え続けているだろうけど、
自分の心には伝わらなくなった。
むしろ未だに過去を引きずっているような気がして
何とも言えませんが、勿体無い生き方をしていると
思い始めたのです、今日、書くか書かないかを悩んだ末書いています。

まず、批判のために好きなことを使ってやり返すような行いは
正直良くない、あまり良い結果は出ない悪循環に陥る。

自分はここ数年、ブログで批判しているのは事があまりなくなった。
批判するとやはり返ってきますよ、批判より称賛なのだと思います。

だから是非、頑張ってくださいと記載しました。

基本的にいじめに対して自分は言い返すことも
殆しません。だから良く昔からいじめの対象になっていたと
思います。何故、言い返す事をしないか、
面倒くさいし、どうでも良い対象にいちいち歯向かうのは
時間の無駄、アホくさいということです。

高知県は狭いですし噂は飛び交うでしょうが
自分はあなたの事を恨んでいません。

頑張って良いものを作ってください。

嫌いで結構コケコッコーって言葉、皮肉たっぷりだな。

嫌いで結構、コケコッコーって言葉、皮肉たっぷりだな。
嫌いな人に1秒すら使うことは無駄な努力のように感じます。
批判ばかりしているとダメになるよと。

結構、批判や小バカにする人が世の中にいますが
どうなんだろうなと感じてしまう、まだ若ければ若気の至りというので
済まされるのでしょうけれど、歳を重ねてもまだ同じことをしている人は
どうかと言えば、どうなんだろうなと思う時があります。

誰とは言いませんが、ある意味嫉妬ですよね。
嫉妬の対象になったひとは大変です。
未だにやっているだなとネチネチは正直な所気持ち悪いです。

そんな人にはあまりかかわらないほうが良いと
いっその事、ブログでも始めれば良いのにと思います。

人の否定ばかりしている人は、その人も他人から否定されている。

人の否定ばかり

今日のお題は「人の否定ばかりしている人は、その人も他人から否定されている。」です。
今日のお題はそのままです。コレに「あぁ~だ」「こう~だ」と説明する
必要はないと思います。人の批判をするよりも人を賞賛する人が
人に信用させると思いますし、人として品があるなと感じます。

歳を重ねていくと顔に性格が出るといいますが
それって合ったっているのか?
分かりませんが、全然嘘でもないように思えます。
良い歳の取り方をしたいなと思います。

なので、今が大切なんですね。
過去は変えられないけど、自分の未来は変えられるのですから
過去の結果が今現れ、今、行ったことが未来をつくるのです。

上から目線でどうとかっていうのをサラッと読んだんだけど。

2016-03-07 09.02.38-1

上から目線でどうとかっていうのを読んだんだけど
某ブロガーさんが上から目線で何が悪いと言っていた。
悪くはない、批判に対する抵抗なんでしょう。

こういうふうに批判をすると
火に油を注ぐ事になるから・・・某ブロガーさんの思った通り
動かされているという構図が生まれるわけで
動かされた人は結局、言い方が悪いが馬鹿なんだろう。

世の中には頭が良いと思っている人と
頭が悪いと思っているひと、頭が良いのに頭が悪いと思っている人と
頭が悪いのに頭が良いと思っている人に
分けられるわけです。

有名大学を卒業していたら
基本、世の中では頭が良いという部類にはいります。
で、自分はバカの分類に入るでしょう。

頭が良いひとを知っているので
それに比べると自分はバカの分類に入ります。
ちなみに生まれ持って天才という人も
世の中にはいます。凡人が越えられない壁という
モノです。

話し戻して、上から目線が何が悪い?
これって問題発言といえば問題発言かも・・・
どうしようもない事だと思います。簡単にいえば
潜在的に自分が能力が下だと思っているので
何を言われても上から目線なのだ・・・、まさにコンプレックスな訳です。

なので・・・っていうのも何ですが
これは、どうしようもない問題だと思ったわけです。

まだ東京で消耗してるのを書いているイケダハヤトさん{現在:高知在住}

まだ東京で消耗してるの?
イケダハヤトさんという人物を実は今まで知らなかった自分。高知県にブロガーさんが住むっていう話を新聞で見て即RSSに登録したのですけど、最初はどうかなと思って見てましたけど、先日の記事を読み、この人の印象が変わりました。それなりに有名な人は人間ができているのだなと感じました{下記の内容を読んでなるほどなと感じました}。

ぼくが名指しの他者批判をネットで書くのをおすすめしないのは、あなたは、記述したようになるからです。攻撃的な、侮蔑的な記述をすれば、あなたはリアルな社会でも、そういう人間になっていきます。

内田樹先生の言葉を借りれば、それは「呪い」としてあなたにまとわりつくでしょう。呪縛を解除するためには、他者を祝福するしかありません。

「呪い」は今や僕たちの社会では批評的な言葉使いをするときの公用語になりつつあります。「弱者」たちは救済を求めて呪いの言葉を吐き、「被害者」たちは償いを求めて呪いの言葉を吐き、「正義の人」たちは公正な社会の実現を求めて呪いの言葉を吐く。けれども、彼らはそれらの言葉が他者のみならず、おのれ自身へ向かう呪いとしても機能していることにあまりに無自覚のように思われます。

↑イケダハヤトさんと内田樹先生の言葉を抜粋。

ネット上では他者批判を結構みかけます。匿名の怖さかも知れないのですが、リアルもネットも同じように振る舞いを行わないと駄目だということ、匿名になり攻撃的になったりするとやっぱりそれは、自分にかえってきます。むしろ顔の見えないネットのほうがリアルよりも言葉を選ばないといけないと思います。この記事を読んでいて自分は、イケダハヤトさんもネット上で起こるひと通りの問題を経験したからこそ、この言葉が言えるのだなと自分は思います。人っていうのは自分で経験するとよく理解するもので、そしてそれが自分の糧になるのだなと記事を読んでいて実感しました。

悪人のススメを走り読み(´Д`)悪人になれ!!

DSC01002
悪人のススメを走り読みしましたので感想なんかを!!善人より悪人のほうが得をするとか言う話です、それなりに説得力はあります。読んでいて悪人というより、どちらかと言えば、真面目と不真面目の話を書いているような気がするのです…真面目にコツコツやっている人は、たまに羽目をはずすと周囲から驚かれる、批判される、逆に遊び人が真面目なことをすると評価が良いという話です。そんな内容の話がいろいろな例を取り上げて力説している本です。

こんな人にはおすすめ、真面目で堅物な人。