仕事ってなんだろうか。仕事に不適合者はいる自分みたいに。

仕事に不適合者はいると思います。
そんな仕事に向いていないひとも仕事をしないといけないと
生きていけないのが今の社会なわけです。

仕事ってなんだろうかと
堀江貴文氏はほとんどのしごとは無意味だと
言い切っています。実際、そうなのかもしれないけれど
その無意味な労働でほとんどの人が生活できている。

いまいちど、仕事ってなんだろうかと
自問自答してみるのも良いじゃないだろうか?

答えはいろいろあると思います。
国によっても仕事の考え方は違うじゃないだろうか。
日本は勤勉な国だと今まで言われてきたけど
なんだか働き方改革や社会の流れは
それとは少し違う流れになってきていると感じます。

 

フリーランスという働き方が浸透するのかな?

氷河期時代、フリーランスやフリーターというものが
流行した時期があったのだけど、今回はなんだか少し以前とは
違うかもなとこの頃、思い始めています。

何故か。

それは国が結構力を入れているし、
フリーランスに対して企業もサービスを打ち出してきた。
フリーランスに正社員と同じ福利厚生を行ってくれる
プラットフォーム企業まで現れて、
もうIT業界はこの方向へ進む可能性が高くなった気がする。

https://lp.re-shine.jp

法整備され今までとは違う働き方は進んできている。
世の中変わってきている気がします。
そして5Gやクラウドサービス、高速通信などが
働き方の手助けになっていることは間違いないので
はないかなと感じます。

 

未来と数字とひと。

ひとが考える未来は当たらないけれど
ひとが未来を作っている。

ひとは地球環境に少なからず影響を与えている生き物のひとつ。
何故、星は丸いのか。何故、重力が生まれるのかなんてことは
未だに明確に答えることの出来ないのに、
ひとは未来予測をしたがる。

ここから先起こること、
人工知能、自動運転、遺伝子編集、働き方の多様化。
特に自分がこれは田舎でも確実に起きるだろうという事の一つが
働き方の多様化だと思います。なんかその波が来ている気がする。
大手のコアワーキングスペースを提供している企業が
全国各地に拠点を作り出したら、一体どうなるのだろうか。

これ未だに誰も動き出す企業はいないけど、
全国各地にコアワーキングスペースはあります、この高知県にも
あるのだから、、、全国各地のコアワーキングスペースを結び
つけるサービスを行えば絶対に何かが
そこから生まれるのではないかなと思うわけです。

こんな事は自分以外にも考えている人はいるだろうけど
実行するひとはいない。利益はどこから取るか、
簡単に言えば会員からの月額の仲介手数料だけ。

WEBとリアルの違いは必ずあるし
やはりリアルが勝つと思います。

ちなみにあと二年後には自分も多様な働き方に
チェンジしていると思います。オリンピックが終わりJAの改革が
始まり、そこから3~4年は不景気な感じになります。
これは全世界、そういう感じになっているという数字があります。
数字は嘘をつかない、嘘を付くのはひとです。

オリンピックが終わった頃から
いろいろと問題が起こり否応なしに働き方の多様化が
進行していくと思います。複数の会社を渡り歩くひとなどが
増えていくと思います。自分はいまのところに居ながら
自分でも違うことを模索した結果が現れる頃かもしれません。

たぶん古い会社は変わらずいられない時が
近い将来、必ずきます。

これからの記事をいろいろと読むと。

これからの記事をいろいろと読むと共通点は
副業や個人という言葉を目にするのだけど、アメリカのように
副業や個人が大等する時代は来ないと思います。

いままでの根強い価値観をいきなり変えるのは
かなり難しいのではないかなぁと逆に言えば日本人にあった
働き方を模索する時代に突入するのではないだろうかと。

日本人は個人で働くというのに結構抵抗がある、
抵抗というよりもそれで生活していくレベルになるには
それなりの技術や人脈、交渉力が必要不可欠で殆どのひとは
個人で働くことは難しいと考えている。

だけども、個人で働きたいという若者は増える傾向にある。
そういう人たちはリモートワーク(在宅勤務)という働き方を選ぶと
良いのではないだろうか?、リモートワークの良い点は
一番は会社に出勤しなくて良いということだろう。それだけではなく
会社側にはいろいろな人材を得ることが出来るというメリットがある。

デメリットは仕事と生活の境界線が薄くなるということですね。
また、会社側は仕事をしているのかしていないのかなどが見えにくい事がある。

トイウコトがいろいろな記事を読むと同じように書かれている、
だけども、これからリモートワークという仕事のスタイルは増えていくと思っています。

移住して高知県で働きたい方へ{仕事事情}

移住して高知県で働きたい方へ仕事情報を記載します。
まず、高知県で有利になる職業といえば介護と看護職です、飽和状態と
言われている介護、看護職ですが、他の職に比べれば何とかなります。

何ともならない職は派遣が代行して仕事をしているので
何とかなっています。なので他の職に余白部分はあまりないです、
特にIT企業などは高知に移住して「あぁ~良かった」と
思っていたら、一ヶ月後に「君、転勤だよ」と告げられて
東京や大阪あたりに飛ばされることもあります、そうなると
何のために移住してきたかわからなくなります。

そうならないために、リサーチは大事です。

無責任なおすすめは
高知県は起業する割合が高い県ですので、
是非、資金が在るひとは高知県で起業してもらいたい。
生き残れる可能性は結構高いかもしれません、何故なら
高知県の起業する割合も高いけど廃業する割合も高い県だからです。
なので、素人企業が結構多いということで商売の才がある方なら
生き残れる可能性は比較的に高いです。

最後に高知新聞が提供している求人誌(Qbo:キューボ)のリンクを記載します。
http://tosasearch.kochinews.co.jp/qbo/

IOTはじわじわくる。

iot

IOTとはモノをインターネットに繋げて
いろいろなサービスを提供する技術のことかな(´∀`)。

その技術がいま、じわじわ来ている。
流行するというよりはじわじわ来ているという感覚がある。
こういうのって定着するですよね。

じわじわ型はいつの間にか
そこにあったりという感じになりやすいなと。

ちなみに、人工知能はどちらかと言えば
流行しているっていう感じ、人工無能が第一ブームだと
すると、いまの人工知能は第二のブームだと思っています。

いまの人工知能は機械学習型なので
同じことを繰り返すことに関しては、人より効率が良い
ですね。そういう作業は人工知能に任せたら
良いということでYahooJapanなんかは
そういう体制になっていくようです。

ちなみににヤフーは人工知能に仕事を奪われて
週三日勤務になるみたいです(導入検討)。
これで給料減らなかったら羨ましいですね( ゚д゚ )…。
こういう働き方が浸透していけば
副業ビジネスをしないと食べていけないケースが
出てきそうです。

政治も働き方改革とか打ち出してるし・・・。
どうなっていくことやら・・・。

ということで~
IOTはじわじわ来るでした。

「2030年世界はこう変わる」をパラ読みして。

2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」 米国国家情報会議 谷町 真珠 本 通販 Amazon.co.jp

「2030年世界はこう変わる」をパラ読みして
こう変わるじゃなくて、こう変えたいような気がしてきた。

確かにいろいろなパターンや未来予測が
かかられているがアメリカは世界をこう変えたいのだろう
という節が何点かあった。

おそらく雇用形態などは
変わっていくと思います、トイウヨリは変わってきた
気がしますね。都市で働くのと地方で働くのでは
働き方が未だに差がありますが、徐々に
地方にも都市型の雇用形態へ
シフトしていくのだろうと感じます。

いろいろな本に未来予測が
書かれている中で唯一の共通点は
雇用形態の変化です。企業スタイルから
フリーランススタイルへ変化していくということが
いろいろな本で書かれている。

いろんな本で共通して
書かれているのだから、おそらく
今後、個人で動く人が増えてくるかと思います。