完全自動運転の車が低価格で発売されたら。

 

グーグルはおそらく高級車からの販売は望んでいないだろう。
なぜなら、自動運転車で覇権を握りたいから、なのでおそらく既存の車と
同じぐらいの値で販売されるのではないだろうか?

完全自動運転の車に乗るのが恐いなどと思っている人も
最終的には完全自動運転の運転に乗る時代になるだろう。
自動運転車に乗る人が増えれば増えるほど
事故は起こらなくなる。

当たり前の話だが、事故を引き起こしているのは
車を操縦しているひとが起こしているのだから、ひとが
自分達の決めたルールを守れば事故はいまでも
事故は起こらなくなる。

普及の鍵は低価格だと思っています。
そんなこと誰もが承知なのでですが、企業に体力がないので
ほとんどの企業はそんな低価格の完全自動運転のカーを
販売できないだろうけれど、グローバル企業は
それが出来る体力がある。

 

寝て起きたら仕事。このループ=体力がない。

寝て起きたら仕事しての繰り返し
昔は帰ってきてからいろいろ行動していたけれど
この頃は、その体力と気力がなく、ご飯食べたらぐったりです。

おそらく何が一番疲れるかというと、目だったりします。
目が疲れて帰ってからディスプレイ画面を見たくない、文字も映像も
見たくないので、ご飯食べたら即寝が染み付いているのです。

これを何とか打破したいと思い、数週間前、眠たいのを我慢して起きてました。←過去の自分

一週間ほど、夜中まで起きることを続けていたのだけど
やはり朝方習慣が身についていて、結局、朝方習慣に戻すことにしました。

やはり朝方習慣がじぶんには都合が良い。
ただ、朝方習慣だと勉強がはかどらないのですね・・・。

ほんとこの頃、何しているだろうかという事が
多くなった気がします。

どこかで頑張らないと「どッテって」行きそうで恐いですね。
頑張らないと・・・・(´・ω・`)

 

wordpressのhttps化は基本的に不可能だという事。{現時点では}改め{対応}

linux

wordpressのhttps化は基本的に不可能だという事がわかった。httpsに変更することはできるができるのは、トップページのみ、それ以外はwordpressの仕様なのかwp_head部分がhttpを指すことがわかったので恐らく現時点ではhttps化は無理だという事が判明。もし、どうしてもhttps化したい場合は他のCMSを使用することをお勧めします。基本的にNET業界はhttpsを推進しているので、そう遠くない時期にWordpressもhttps化を行うだろうと思っています。

※SSL化を試みる方法をぐぐると記載していますが恐らく難しいのではないだろうかと思います。今回、SSL化にあたりDBを一括置換して置き換えてみてたりしたのですが、全然、うまく行きませんでした。おそらくwp_head関連のファイルを変更すれば可能だと思いますが、そこまでしてまでSSL化するほど・・体力がありませんので自分は辞退します。

今回、さくらサーバが提携したラビットSSLを使用してSSL化を試みたわけですが、若干、損をした気分はありますがDLファイル時にSSLのURLでダウンロード出来るようになったので、そこだけは、よかったです。

 

※ちなみに初期の状態でSSLを使っていたら、おそらく問題なく使用できると思います。

 

header.phpに書かれているwp_head()が実行されたタイミングでブラグインのjs・cssパスが出力されるので、その内容を書き換えてしまいます。

下記の方法で対応可能になります。

 

   // HTTPS通信時、プラグインがcss・jsパスをhttp://~で出力するのを対策する。
   ob_start();
   wp_head();
   $wp_head_contents = ob_get_clean();
   $wp_head_contents = str_replace('http://', '//',$wp_head_contents);
   echo($wp_head_contents);

上のソースコードは、wp_head()が吐き出す内容をob_start関数で出力バッファリングします。バッファリングした内容を変数に格納して、変数内の文字列にhttp://~で始まるパスがあれば、//~に置換した上でブラウザに出力しています。

こうすることで、http・httpsのどちらにも対応できるようになります。

引用:http://coneta.jp/11936.html

身の丈にあった生き方。

DSC009392

身の丈にあった生き方っていうのは背伸びをするなということ。背伸びをしていると足が痛くなる、ずっと背伸びをしていると何かの拍子ですってんころりんしてしまって怪我をしてしまい立ち上がることが出来なくなってしまう。足が痛くなったなら背伸びを辞める事をオススメします。背伸びをしているとみんなと身長が同じ見えてしまって見えるモノまで同じに見えてしまいがち。見える目線が同じなると考えることも同じだと思うようになってしまう、そこが大きな間違いです。そんな事無いよと言う人も中に入ると思いますが、実際、自分が上に立っていた時の経験から言いますとそうではないですね。やはり、人ですからそれなりに合わせます。そういうまとまりのないのを上が結束させてたりするです、それが上の役割、上って大変なんです。この人とこの人は合わないから組ませないとか、いろいろあるんです。息が合わないからわざと一緒に働かせるとか調整が大変。ひとつ、崩れると不協和音が広がったりします。ひとりひとりのご意見なんか聞いてたらうまく回りません。昔、自分が発送の仕事をしていたんですけど辞めてもらいたい人にはやり甲斐のない仕事を与えてました。頭を使いたい人には使えない仕事、体力が無い人には体力のいる仕事を任せます。そうすると、そこから成長するか落ちるかどちらかになります。使えるひとは自分の代わりに現場の指揮を任せました。そうする事でうまく回ります。何処に行っても同じです。使える人っていうのは、次を考えています。言わなくても次のことをしてくれます。使えない人はだいたい言われたとおり、真面目にしてくれるんです。

 

追記

なぜ、必要とされているのか。いま、何が必要で何が必要ないか(次のことを考えることも大事)。相手は何故、こうしたのか、何故、このタイミングなのかとか考えたことがなかったら考えるべき事です。あまり深読みするのも駄目ですが、全然考えないのも困りモノですね。

だいたい、上の人は人を成長させることを考えてます。

https://twitter.com/zip358com/status/580344238015041536

明日から少しブログ休みます。