映画 七つの会議を観てきましたよ。

七つの会議を観てきましたよ。
この映画、結構マジメな社会派な映画ですが
結構、見ごたえがあるなと感じました。

だだ、評価はすごく分かれそうです。
ちなみにエンディング後の最後の最後までストーリーが展開している
映画ってなかなかないですよね。

 

 

持論:エイプリルフールですが。

昨日、会議があり会社の経営方針が
何となくわかり考え方も何となくわかり
それはそれもそうだよなと現実論だなと。

だだ、それが良いのか悪いのかで言えば
右でも左でもないところなんだと思う。

じぶんの言っていることは絵空事なのかなと
生産性を上げないといけないじゃないかというのが
自分の持論なのだ。

みんなで出来ることはみんなでやる。

仕事を増えても生産性が同じなら結局のところ
何も変わらないのではないだろうかと思う。

少ない人数で回し利益を上げていく
それはそれで良いかもしれない。
3年間の利益を見ても浮き沈みはあるものの
安定した経営なんだと思う。

維持しているというのは凄いことなんだと思う。
仕事は増えているし安定した利益を上げている。

唯、じぶんはドライな所があるので
果たしてそれで良いのかということを思う。

たぶん今期が正念場なんだろうなと会議を通して感じました。

何も云わない人の方が賢明だと思うのだ。だけど、それで良いのだろうか?

賢明

この頃、帰宅後、間食をせずに暮らしています。「痩せないと」って思ってるうちは
痩せることはないだと誰かに聞きました。

今日のお題は「何も云わない人の方が賢明だと思うのだ。だけど、それで良いのだろうか?」です。
先日、会社で全体会を行いましたが、誰からも意見が出ないのです。
結局、自分が発言して終わり・・・、こんな月例会を何度も繰り返しています。

何のための会議なのか、わからない感じがします。

憎まれ役は自分かなと思いながら意見するのは
正直な所、辛いものです。
言わないことのほうが賢明だなと感じます。言わないで
月例会を終わらすほうが簡単な話です。
黙っていれば良いのですから。

何だか日本という国は発言すると
打たれるので大体控えめで、みんなに合わそうという
タイプが多いですね。自分はそういう教育ではない教師のもとで
2年間、教育を受けたので多分、ちょっと外れているだと思います。

来月の会議は・・・どうしよう?。