半世界を観てきましたよ。

半世界を観てきましたよ。
人だよなという映画です、ちなみにエンドロールが
以上に短いのもなんか意味があるなと感じました。

監督の伝えたかったことがなんとなく感じることが
できたかな。ずっと続くはずの日常もということですね。

人生何が起こるかわからないです、だから一日を
大切に生きないといけない、そして身近なひとを…。

働かないってどういうこと。

働かないってどういうこと。
簡単に言えば、自宅にいることが多くなることです。
最初は良いのだけど、徐々に2~3ヶ月もすると働かなくては
いけないという、何だかわからないぐらい焦りがちになります。

ちなみに自分、むかしは1年ぐらいそのような時期がありました。
今では引く手あまたなんでしょうけど・・・昔はそんな感じではなかったので
1年ぐらい仕事につけず、悲壮になった事もあります。

日本人は働きすぎなんです、もっとどこかの国のように
ロングバケーションが取れるようになればよいのに思っていますし
お金を稼ぐことが全てではないような気がします。

世の中にはいろいろな人がいて、お金を稼いで
仕事をやめて何ヶ月も海外旅行するひととか、そういう人も
いるですね。人としてそちらの方が健康的なのかもと思っています。

よく忘れがちになるのですが「人生は一度きり」です。
一生懸命頑張って働くのも良いですが、自分の人生は一度きり
好きなことをする方が大事ですよ。

それは仕事でも余暇の時間でも同じです。

 

 

心が変われば

 

心が変われば態度が変わる。
態度が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば人生が変わる。

 

人をつくる言葉の34ページに書かれていたこと。
ノーベル賞受賞した大村智先生が書かれた本。

この本を改めて読んでみた、なかなか実践にするのは難しいけれど
変わらないといけないのかなと思う今日この頃。

 

生きがい

いま、このタイミングで忘れかけている日本の良いところを
海外へ発信するというのは、やはり賢い人だと思います。

 

 

ウルフルズの人生のバカヤローが良い。

ウルフルズの人生のバカヤローが良い。
歌詞も声も音楽も良い。

音楽っていうのは人に力を与えたりするから
ホントに良いと感じます!!
「夢なんかくそくらえ」っていう所や「明日なんか」っていう所、言葉が好きです。
いろいろあって今のウルフルズがあることが、何だかこの歌詞から
垣間見ることが出来たように思えます。

人間味あふれる歌詞がやはり良いなと。

ちなみに自分が音楽や記事をシェアしているものの7割は
結構意味があります、それはひとの役に立つかもしれないものだと思ったもの
を極力シェアしたりしています。そして好きなものもであること。
嫌いなものはシェアしません。拡散なんかもあまりしたことが無いはずです。
どうも嫌いなものには関心があまりないです。

 

考え方。

考え方はすごく大事なことなんだと思います。
じぶんの人生の中で一番、左右されるのは自身の過去から
蓄積されてできた「ものの考え方」だろうと思います。

それが一番、人生に影響を与えるものかもしれないなと思います。
それを変えることは基本的に無理。自ら考え方を変えようと思わない限り
変わることは殆どない。一番、考え方を変えようと思うなら
真逆の人と付き合うと良い、もしくは真逆の考え方を持った人と
友だちになること。そうすることで考え方は徐々に変わると言われています。

また、じぶんと考え方が似通っているひとを人は嫌いになりやすい。
何故、嫌いになりやすいかというと、ひとはそのまま真似されると
嫌がる傾向にあります。それと同じで自分と似通っているひとは
本能的に嫌う傾向にあるのです。

簡単に言えば、自分と似通っているひとは
良いところより悪い部分が目立ちやすいだとか。

「ものの考え方」一つで人生うまくいかなくなる事もあるので
本当に大事なんだと思います。

@夢

「いつまで夢みたいなことを言っているだ」と嘆かられることだろう。
ただ、夢無くしては人生つまらなくなるのではないかと「夢」があるから
生きていけるし希望も持てるのだと「夢」がなくなると
一気に人生つまらなくなるのではないかと。

ただ毎日を生きているよりも「夢」に向かって生きている方が
若干、こころの持ちようは違うような気がするし
気持ちが若くなるような気もする。

この気持が若いとかいうのは
すごく大事な要素で、大体「夢」を持っていない人は老け込むのが速い気がする。
とくに顔を見るとわかりやすく「夢」を持っている人と持っていない人では
全然違う。ただ「夢」を持っていなくても「目標」があれば
それなり「顔」にでてくる。

歳を重ねるにつれて「顔」が物語ってくる。
若々しく生きたいのならばアンチエイジングなどより「夢」や「じぶんより若いひと」の
意見を聞き「そうだな」と思える感覚を持ち続けることが大事になると思う。

おはよう世界、おはおー_(:3」∠)_

%e3%81%8a%e3%81%af%e3%82%88%e3%81%86%e4%b8%96%e7%95%8c2

人生が変わる朝の言葉という本がある。
先日、その本を購入したんだけど予想に反して
文字の量が多かった。

値段は安いのに文字の量が多かったので
この本・・・元が取れるのか心配している。
そんな、本の一節にこんな言葉がある。

人間が変わる方法は3つしかない。
ひとつは時間配分を変える。
2番目は住む場所を変える。
3番目は付き合う人を変える。
この3つの要素でしか人間は変わらない。
もっとも無意味なのは
「決意を新たにする」ことだ。
BY:大前研一(経営コンサルタント)

引用元:人生が変わる朝の言葉:著ひすい こたろう

この言葉の中で「はっ」としたのが
もっとも無意味なのは「決意を新たにする」ことという節。
確かにそうだな、大体、決意を新たにすることで
人間変わっていけば良いだけど、人はそうは出来ていない。

人が変わる方法という言葉はそれが以外でも
通ずる所があると思う、例えば目標が達成できない人、
そんな人にも当てはまる言葉じゃないだろうか?

2016-12-05-05-49-11-2

来年(2017年)の干支はとりです。

2017%e9%b6%8f

来年(2017年)の干支はとりです。
あっという間に今年も過ぎ去った気がしますと言っても
まだ、来年まで二ヶ月とすこし残されています。

今年は自分にとっては、あまり変化のない一年だったような気がします。
来年は変化の年にしたいなと考えています。
このままでは、駄目だと感じ焦りというものも少なからずあります。

まだ大丈夫というのが自分の中にあるのかなぁという思いもありますが
たぶん、その甘い考えを捨てないといけないのが来年じゃないかなと感じます。
少しずつ変えるというよりはガラッと変えるという感じになる気がしますね。

待っていても始まらない、行動に移しても殆どのことは
うまく行かないとも思っていますが、行動して失敗して反復の
中からでしか答えというのは出てこない気がします。

なので、来年は変動の年にします!!