働かないってどういうこと。

働かないってどういうこと。
簡単に言えば、自宅にいることが多くなることです。
最初は良いのだけど、徐々に2~3ヶ月もすると働かなくては
いけないという、何だかわからないぐらい焦りがちになります。

ちなみに自分、むかしは1年ぐらいそのような時期がありました。
今では引く手あまたなんでしょうけど・・・昔はそんな感じではなかったので
1年ぐらい仕事につけず、悲壮になった事もあります。

日本人は働きすぎなんです、もっとどこかの国のように
ロングバケーションが取れるようになればよいのに思っていますし
お金を稼ぐことが全てではないような気がします。

世の中にはいろいろな人がいて、お金を稼いで
仕事をやめて何ヶ月も海外旅行するひととか、そういう人も
いるですね。人としてそちらの方が健康的なのかもと思っています。

よく忘れがちになるのですが「人生は一度きり」です。
一生懸命頑張って働くのも良いですが、自分の人生は一度きり
好きなことをする方が大事ですよ。

それは仕事でも余暇の時間でも同じです。

 

 

安倍政権続投で思うこと。

安倍政権続投してしまった。
予想通り、石破氏は負けてしまったけど実際は
石破氏の方が世の中のことを真剣に考えていると自分は思います。

世の中、うまく廻っているときは誰がなっても同じです、
タイミングだなと感じます。負けて正解だし、ある一定の票も確保している
不景気になれば安倍政権なんてすぐに落ちる、その時には
勝算有りだと思いますが、景気も表面上は回復してきたので
このまま続投で良いじゃないのかと。

アメリカと違って日本はあまり景気は回復していないのですよ。
氷河期が去って就職が簡単になったのは、団塊世代が引退したのと
国からの圧力に他ならないだけの話です。コレから先、
棺桶型から逆ピラミッド型の人口割合なり、若者より
後期高齢者が多くなるですよね。

ただ、コレから先、どうなるか分からないけど再生医療は
あと30年もすれば臓器の代替えが可能になるだろうからお金さえあれば
不老不死になるだろうなと。

話戻して、安倍政権勝った、トランプ大統領もまだ続いているのを
みていて民主主義だけどなんだか独裁政権のような感じがする。
非常に危うい気がするだけど、国民はあまり気づいてはいないのか?

もう一つ今、懸念しているのは実はネット社会だったりする、
凄く某検索の広告は賢くなってきている、ある意味これは情報を収集にも
使用できるし、情報操作されるかもしれない。

これは分かる人にはわかると思うのだけど、
かなりは世界を操作できる、それぐらい人々の情報を持っている。

検索の覇王はかなり凄いです。

5月の雨、6月の晴れ

東京に住んでいた頃、雨の電車通勤がとても嫌でした。
高知で住んでいると通勤は殆どの人は車です、たぶんこれから先も
そうなんだと思います。自分の世代が60代になる頃には自動運転とかが
当たり前になっている世の中になるでしょう。

ちなみに今、自分は30代後半ですけど、心は20代前半の気分です。
40代になったとしても何にも変わらない気がします。
トイウコトハ、50代、60代と歳寄せても
あまり変わりそうにないです、あくまでも自分の場合ですが
他の人はそれなりに変わっていくだろうと思いますよ。

じぶんは「新しい技術に興味、関心があります」なので
少しも変わらないだろうと思います。このままの脳処理で行けば
同じかなと思います。記憶力も20代から何も変わらないので
変わらない気がします。

技術の節目ってあると思うです。
例えばパーソナルコンピュータが登場した時、インターネットが登場した時、
大きく世の中が変わっていきます。今後、大きく変わることと言えば
AIがAI2.0になった時、自動運転が普及した時、再生医療が確立した時、
5G通信が普及した時に大きく世の中変わっていくだろうと思います。

世間では、働き方改革とか言っていますけど、
それで世の中が変わっていくのではないです、世の中が
変わるのは技術の進歩が飛躍した時だという事です、技術の単価と普及率は
当たり前ですが、比例の関係にあります。単価が安いと普及率は上がります。

なので、5G、IOT、AI2.0、再生医療=自動運転の順に世の中に
普及していくのかと思います。

そんなモノで2019年には5Gというのが都市から
浸透していくと思います、新しい技術にふれるというのは
情報を知るよりももっと可能性を感じられるのではないかと思います。

テトリス初心者。

中学生以来、テトリスをした事がないのですが
暇だったのでテトリスを購入して遊んでみました。

結果、全然駄目なんだけどハマってしまいました。

出来る人はホントに凄いわ。
空間認識能力を上げるにはテトリスが一番良いのかもと
思います、ただ長時間プレイしていると
ミスが多発して思いのほかスコアが伸びない・・・。

プロプレイヤーとして生きる人も世の中には
いるだろうけれど、長時間プレイはかなり疲労感になります。
長時間コーディングしているのと似ている。

そう思うとゲームを仕事としては自分は無理だなと
深夜から朝方までゲームしてそれだけで疲れているのですから٩(′д‵)۶

購入はこちらから

http://store.steampowered.com/app/316750/Tetris_Ultimate/

本に救われる。

本に救われる。
本は教養を身につけるばかりではなく、たまに本に救われる事があります。
いろいろと自己啓発書を読んできて全然、心にすとんと落ちる本に巡り
合わなかったけど、全然違うジャンル?、これは宗教?なのか
と思ったけどお手頃な値段だったので電子書籍で読んでみました。

するとあまり堅苦しい話ではなく、
何だかピシャリと自分にあったモヤモヤが読んでいるうちに
晴れてくるような気がしました。
そういやこの人の言っていることはよくわかる。

まだ3割ほどしか読んでいないだけど、
読み終えて再度、読みたい本だなと思っています。

平たく言えば仏教の本なんですけど
堅苦しい話ではなく、難しい話でもないので
何となく成る程なと思える一冊だと思っています。

ちなみに本のタイトルは「禅僧が教える 心がラクになる生き方」です。
こんな人におすすめです、何だか現代社会に生きにくいと
感じている方、なんか世の中と何だか自分の考えが
あまり合わないと思っている方などは、おすすめです。

漫画:それでいい。を読んでみて。

漫画:それでいいを電子書籍で読んでみて
この漫画、何か学習できることが結構あるな、心理系の漫画は
やはり為になることが多い、どちらかと言えば自己否定的な考え、マイナス思考な考えの方に
書かれた本だと思うのですが、やはりそうでない人が読んでもそれなりに為になることが
書かれていたりする。ちなみに「それでいい」の著者は「ツレがうつになりまして。」を書かれた細川貂々 氏です。

この漫画の中に書かれていることで「はっ」としたのが
精神科医の先生曰く「世の中の8割の人は、ぼーと生きてる」ということです。
それは漫画の著者と何だかシンクロしたぐらい、ちょっとびっくり、
皆、「あまり深く考えていないのか」ということに正直な所、びっくりでした。
確かにあまり深く考えていないから、いざこざが起きたりするだろうなと・・・。

「う~ん」この漫画を読み進めていると
いろいろと納得することが有って良かったです。

学校に行かないという選択。

学校に行かないという選択はありだと思います。
いじめにあっている自分自身が一番、苦痛な時間を過ごす学校に
わざわざ通う必要はないかと思います。

もし親が無理やり学校に行かないといけないと言えば
一度、議論し合うことが大事になると思います。転校しても
いまはSNSがあり前の情報が筒抜けになっていたりと心機一転という事が
なかなか出来ないというのが今の現状かなと思います。

だったら、学校に行かないが一番の得策です。
ネットで勉強するという考え方や塾を使うという考え方、
社会出ていちばん大事なのは、今までの勉強だったりします。
高度な職になればなるほど今までの勉強の大切さがわかります。

そう世の中、結構厳しくて緩いです。
学校に行かない場合、20代になる前にできるだけ資格は必要になります。
簡単に言えば学力の証明書がないので、証明する資格が必要になります、
高卒認定試験(旧大検)には必ず合格しときましょう。だた世の中、厳しいので
それだけでは難しい。そこで自分が興味のもった国家資格を取得することを強くオススメします。
国家資格や高度資格は社会に出てからも自分の身を助けます。

学校に行かないを選択することにより
見えない不安が絶えず心の何処かに持つと思います。
なので、まずは自分が取れそうな資格から取得すること、そして
土日は外に出ることが大事です。ずっと家の中にいると知らず知らずの内に
負の考えが溜まっていきます。そうなると最初は頑張ろうと思っていたことも
投げ出してしまいます。なのでメリハリをつける意味でも
土日は外に出ることをオススメします。

また、学校に行ってみようと考えも出てくると思いますが
何度か挑戦して駄目だったことを繰り返して自分を追い詰めるより
いまの環境で飛躍する方が大事です。

大なり小なり起きていることだと。

北朝鮮がミサイルを打ってきて日本国を通過し落下したことで思うこと。
北朝鮮がアメリカとの駆け引きを行っている、こういう状況は世の中にも
大なり小なりある、仕事や政治、学校などの人間関係などにも起きることだと
傍から見ればどちらが優勢でどちらが不利な立場などかなどわかっているのに
強いほうが対話せずに圧力をかけていくと弱い立場の人間が不利になり暴走していく。
強い立場の人間が追い詰めていくと最終的にこうなるてっ事が
良い例がいまの北朝鮮だと言える。

これって原因と結果だと思います。
結果、暴走すると誰も良い方向には進まない。
権力を持っている立場が何処まで冷静で賢い対応できるかなど
これからの動向に注目です。

何かを辞める時。決断力。

何かを辞める時。辞めてよかったと思うことが多い気がする。
会社などを辞めると次の仕事を探すのは難しい場合がある、
かと言って、辞めるなとは言わない。

じぶんは無職になり次の仕事を得るまで半年ほど仕事をしていない
時も有ったから、お金はなくなっていくけど何とか成るですよ。

無理に嫌々働いているとか、仕事に充実感を獲れないなど、何だかモヤモヤするのなら
長期休暇を取って「ぼけぇー」っとしていると自分がどうしたいのか見えてくる。

例えば夏季休暇とか冬期休暇などは
やはり退職率が高くなるらしく、それから一ヶ月後ぐらいに
希望の求人が出てきたりするから世の中うまくまわっている。