フリーランスという働き方が浸透するのかな?

氷河期時代、フリーランスやフリーターというものが
流行した時期があったのだけど、今回はなんだか少し以前とは
違うかもなとこの頃、思い始めています。

何故か。

それは国が結構力を入れているし、
フリーランスに対して企業もサービスを打ち出してきた。
フリーランスに正社員と同じ福利厚生を行ってくれる
プラットフォーム企業まで現れて、
もうIT業界はこの方向へ進む可能性が高くなった気がする。

https://lp.re-shine.jp

法整備され今までとは違う働き方は進んできている。
世の中変わってきている気がします。
そして5Gやクラウドサービス、高速通信などが
働き方の手助けになっていることは間違いないので
はないかなと感じます。

 

これからのゲーム開発はプラットフォームを選ばない。

これからのゲーム開発はプラットフォームを選ばない。
いろいろなゲーム機がありますが、これからゲーム機が消えると思っています。
クラウド上でゲームを楽しむのが当たり前になり、PCでも環境が整えばゲームが楽しめる。
そんな時代になるのではないかな。

通信環境が整えば何処でもゲームが楽しめる。
カギを握るのは次世代通信5Gだろうな、この5Gが当たり前になれば
世の中すごく変る、最初は通信料も高いかもしれないけれど徐々に単価も安くなれば
どんな所でも今まで自宅でしか楽しめなかった、動画視聴やゲームなどが
どこでも楽しめるようになるだろうと思っています。

この次世代5G通信が定額になった時、世の中が劇的に変わります。

5G通信とは

10Gbps以上の通信速度、エンドツーエンドで1ミリ秒の低遅延、99.999%の信頼性を目標とする

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC5%E4%B8%96%E4%BB%A3%E7%A7%BB%E5%8B%95%E9%80%9A%E4%BF%A1%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

要するに自宅の光回線サービスと同等のサービスを無線通信でも行おうと
各キャリアが取り組んでいる新しいサービスだけども、これは確実に浸透すれば
今までとは違うことが出来る、例えば今でも個人がライブ放送を行っているひとは
増えてきているけれど、5Gなれば鮮明な動画配信も可能になる、
また、オフィスを持たない会社も現れるかもしれない、通信環境さえ整えば
どこでも仕事ができると言ったことが可能になると思っています。

一番、劇的に変わるのは社会なんだろうな、今でもソーシャルメディアが
社会的な力を持っていますが、今後その力は増していくのではないかな。
ゲームの話から脱線しましたが、5G通信はかなりのインパクトが有るものになると
思っています。

SNS時代に身につけるべき「情報参謀術」とは?を視聴して。

1時間ほどある動画ですけど
聞いて損はないなと思いますし、考えは違えども
ここで話されている人の共通点はじぶんの考え方をちゃんと持っていて
それを伝える力があるということです。平たく言えば信念を持っている人だと
思います。ネットでバッシングを受けたりしたら、どうするか?
というような質問の三宅慎吾氏の発言が面白かった、「私は弱い人間ですから」
「そういうものは見ません」「無視する」「自分の信念を貫く」という様な
若干相矛盾した答えでしたが、これはある意味、納得でした。

そして動画を通して倫理というのは、とても難しい事なんだということも
痛感しましたし、ニューズピックスが情報を発信できるプラットフォームを立ち上げて、
後は発信者におまかせには出来なかった現実やその対応策などなども
面白かったですね。SNSの恐いところは同調する人々の中でいられるという
事なんじゃないかなと思います。反対意見を排除するという事が
出来てしまうというのが、SNSの恐さだと思います。

自分の趣味趣向でフォローしてしまうというのも
その一例かなと、じぶんも怪しいそうな垢やBOT以外はなるべく
受けいれているのですが、それでもやはり趣味趣向に偏っている所が
あります。日本のメディアだけフォローしていると、やはり見えないじゃないかな
と思います。なので視点を変えて日本で起きた大きな事件などを
海外ではどのように伝えてくるかなども大事になると感じます。

今では翻訳機能の精度が昔よりも良くなっているので海外記事の情報に
目を通すことも大事なのかなと感じました。

 

次に何が流行るのか予想できますか?

次に何が流行るのか予想できますか?
多極化だと自分は思っています、昔と違って流行というモノを
追うよりも自分の好きなものや自分が好きな曲など
取り込むでいくというスタンスになると事が
10年先では普通の概念になっていると思います。

「個性」を大事にする時代、「個性」が活躍する時代になるでは
ないかなと、なのでネット社会を中心とした
同じ価値観をもったプラットフォームが続々と登場していく。
そして英語教育を小学生のときから義務教育としてうけた年代が
20代になる頃には、もっとグローバルに活動する時代に
なっています。これは必然だと思いますし、そうなると感じます。

いま、20代、30代、40代の人たちは
英語を学んだほうが得策です、ちなみに自分は英語が全然なんですね。
英語が当たり前になる前に英語は覚えておこうと前々から思っています。
国家試験が終わったら、また英語の勉強をはじめます。

http://tokyoculturestory.com/

Unity5.5そろそろ勉強していても良いかもしれない。

Unity5.5そろそろ勉強していても良いかもしれない。
そう思ったのはChrome57がアップデートされFirefox52になり
WebAssemblyっていうものがブラウザに導入されました。

「WebAssembly」とはApple、Google、Mozilla、Microsoftの4社にて共同開発している
「Webブラウザをプラットフォームとしたバイナリフォーマット」のことです。略称は「wasm」と言います。
WebAssemblyではCやC++をそのままコンパイルでき、機械言語として動かすことができます。

http://dev.classmethod.jp/client-side/javascript/what-is-webassembly/ 『引用元』

なんだかwebでゴリゴリ開発する日が近いかもしれない思います。
CやC++開発するなんて・・・これが標準化されるとなるとWEBもガラリと変わって
行くだろうなと感じます。HTMLやJSやPHPの使用頻度は逆に少なくなる気がします。

なぜ、Unityの存在が増すか?
おそらく今まではゲーム開発での使用頻度が高かったと思いますが
これから、WEBに動きをつけるためにかなり使われる頻度は高くなると思います。
CやC++で一からゴリゴリ開発するよりツールを使用して開発するほうが
断然に開発スピードが早いからです。

これはWEBにとってターニングポイントなのかもしれないと。
http://webassembly.org/demo/