完全自動運転の車が低価格で発売されたら。

 

グーグルはおそらく高級車からの販売は望んでいないだろう。
なぜなら、自動運転車で覇権を握りたいから、なのでおそらく既存の車と
同じぐらいの値で販売されるのではないだろうか?

完全自動運転の車に乗るのが恐いなどと思っている人も
最終的には完全自動運転の運転に乗る時代になるだろう。
自動運転車に乗る人が増えれば増えるほど
事故は起こらなくなる。

当たり前の話だが、事故を引き起こしているのは
車を操縦しているひとが起こしているのだから、ひとが
自分達の決めたルールを守れば事故はいまでも
事故は起こらなくなる。

普及の鍵は低価格だと思っています。
そんなこと誰もが承知なのでですが、企業に体力がないので
ほとんどの企業はそんな低価格の完全自動運転のカーを
販売できないだろうけれど、グローバル企業は
それが出来る体力がある。

 

仕事ってなんだろうか。仕事に不適合者はいる自分みたいに。

仕事に不適合者はいると思います。
そんな仕事に向いていないひとも仕事をしないといけないと
生きていけないのが今の社会なわけです。

仕事ってなんだろうかと
堀江貴文氏はほとんどのしごとは無意味だと
言い切っています。実際、そうなのかもしれないけれど
その無意味な労働でほとんどの人が生活できている。

いまいちど、仕事ってなんだろうかと
自問自答してみるのも良いじゃないだろうか?

答えはいろいろあると思います。
国によっても仕事の考え方は違うじゃないだろうか。
日本は勤勉な国だと今まで言われてきたけど
なんだか働き方改革や社会の流れは
それとは少し違う流れになってきていると感じます。

 

映画、キャプテンマーベルを観てきましたよ。

キャプテン・マーベル観てきました。 意外にも楽しめたエンターテインメント作品かも。自分は冒頭シーンが好きだったりします。ラストはスーパーサイヤ人かよと
思いつつ観てました。エンディングにオマケ映像ありです。
エンドゲームに繋がるので観に行くひとは是非、エンディングも必見です!

 

グリーンブックを観てきましたよ。

グリーンブックを観てきましたよ。
映画をあまり観ない人がこの映画を観たら
結構、良い評価になりそうなんです。

実話ベースの映画だということだから、やっぱ
為にはなる話だということは確かですね。
この映画で印象に残ったのは、寂しいときは
自ら進んで動くという言葉です。

また人種差別の問題というよりは、ひとがどう逆行に立ち向かうのか
という事を基にして撮っているようにも思えました。

 

半世界を観てきましたよ。

半世界を観てきましたよ。
人だよなという映画です、ちなみにエンドロールが
以上に短いのもなんか意味があるなと感じました。

監督の伝えたかったことがなんとなく感じることが
できたかな。ずっと続くはずの日常もということですね。

人生何が起こるかわからないです、だから一日を
大切に生きないといけない、そして身近なひとを…。

一流と二流の違いは。青マークだなと。

二流で終わる人は大体、他人の批判ばかりしている。
一流にになる人は大体、他人の批判を途中で辞めるひとだということ。

賢ければ賢いほど、途中で辞めるのが早い
青マークが消えない人は違うなという感じかな。

馬鹿は莫迦の当て字。

この頃、思うのだけど活躍している人はどこか純粋なひとが
多い気がする。逆に言えば型にはまったひとは大人ずらして
いるような気がしますね。

化けの皮が剥がれということわざがあるように
実際、ほとんどの大人は常識というなの仮面で隠しているだけの話で
ほんとうに大人と言える人は少ない気がしますね。

 

 

働かないってどういうこと。

働かないってどういうこと。
簡単に言えば、自宅にいることが多くなることです。
最初は良いのだけど、徐々に2~3ヶ月もすると働かなくては
いけないという、何だかわからないぐらい焦りがちになります。

ちなみに自分、むかしは1年ぐらいそのような時期がありました。
今では引く手あまたなんでしょうけど・・・昔はそんな感じではなかったので
1年ぐらい仕事につけず、悲壮になった事もあります。

日本人は働きすぎなんです、もっとどこかの国のように
ロングバケーションが取れるようになればよいのに思っていますし
お金を稼ぐことが全てではないような気がします。

世の中にはいろいろな人がいて、お金を稼いで
仕事をやめて何ヶ月も海外旅行するひととか、そういう人も
いるですね。人としてそちらの方が健康的なのかもと思っています。

よく忘れがちになるのですが「人生は一度きり」です。
一生懸命頑張って働くのも良いですが、自分の人生は一度きり
好きなことをする方が大事ですよ。

それは仕事でも余暇の時間でも同じです。

 

 

映画、響-HIBIKI-を観てきましたよ。

映画、響-HIBIKI-を観てきましたよ。
原作をうまく表現できていて違和感なく観えました。
良かったです。響の感覚は自分の中学生時代の考え方や感覚に似ているところがあります。
なんか少し懐かしく思えました。精神的なことから言えばサヴァン症候群の
分類に入るだろうけど、どうでもいいだよなそんな小さな事。

未だに人との対人関係は難しいけど、自分はこれが普通だと思っている。
普通ってなんですか?という事を問いかける良い映画だと思います。

常識って何だよって話です、本当に。
自分に言わせればひとの嫌がることをしたり、嫌味なことをいうのは
常識がないと思います。

彼女はストレートですが、荒削りな彼女の性格のほうが
常識があると思います。

 

 

 

未来と数字とひと。

ひとが考える未来は当たらないけれど
ひとが未来を作っている。

ひとは地球環境に少なからず影響を与えている生き物のひとつ。
何故、星は丸いのか。何故、重力が生まれるのかなんてことは
未だに明確に答えることの出来ないのに、
ひとは未来予測をしたがる。

ここから先起こること、
人工知能、自動運転、遺伝子編集、働き方の多様化。
特に自分がこれは田舎でも確実に起きるだろうという事の一つが
働き方の多様化だと思います。なんかその波が来ている気がする。
大手のコアワーキングスペースを提供している企業が
全国各地に拠点を作り出したら、一体どうなるのだろうか。

これ未だに誰も動き出す企業はいないけど、
全国各地にコアワーキングスペースはあります、この高知県にも
あるのだから、、、全国各地のコアワーキングスペースを結び
つけるサービスを行えば絶対に何かが
そこから生まれるのではないかなと思うわけです。

こんな事は自分以外にも考えている人はいるだろうけど
実行するひとはいない。利益はどこから取るか、
簡単に言えば会員からの月額の仲介手数料だけ。

WEBとリアルの違いは必ずあるし
やはりリアルが勝つと思います。

ちなみにあと二年後には自分も多様な働き方に
チェンジしていると思います。オリンピックが終わりJAの改革が
始まり、そこから3~4年は不景気な感じになります。
これは全世界、そういう感じになっているという数字があります。
数字は嘘をつかない、嘘を付くのはひとです。

オリンピックが終わった頃から
いろいろと問題が起こり否応なしに働き方の多様化が
進行していくと思います。複数の会社を渡り歩くひとなどが
増えていくと思います。自分はいまのところに居ながら
自分でも違うことを模索した結果が現れる頃かもしれません。

たぶん古い会社は変わらずいられない時が
近い将来、必ずきます。