複数のカードをひとつのカードへ

この動画を見て思ったのだけど、
stratos確かに便利そうなんだけど、ひとつ欠点があると
するならば、充電しないといけないことだと。

複数のカードをひとつにまとめるよりスマホで
全て管理できるようになればホントに便利だと感じます。
昨日の朝、そのことに関してつぶやきをしていたのだけども・・・
アレを具現化するひとは必ず現れると思います。

日本ではニコニコ現金払いが未だに多い気がしますが
こんな田舎のコンビニでも、ちらほら電子マネーで決済している人を
見かけます。じぶんもそろそろ現金払い辞めようかなと思っているですが
なかなか、田舎では現実的ではない気がしますが
ポイント還元される電子マネーの方がお得かもと。

ちなみに自分、現金も財布のなかに殆どいれないので
財布の中身は小学生のお小遣いぐらいの金額しか入っていませんw。

勝算

東京で働いていたころ、ここでずっと働くことになるかもと
思っていたけれど、実際はそうはならなかった。
プロジェクトが終わるころには、高知へ帰ってきた。

高知へ帰ることが決まった時点で
辞めるという考えは自分の中で決まっていて
帰って、すぐさま辞めた。

理由は簡単なことで
ここにいても成長がないという事を
実感したから、自分が転々と渡り歩いているのは
辛抱がないわけでもなく、単なる技術磨くことが出来るかどうか。
なので、前職では最後の最後まで坦々と職務を
こなして契約切りまでいた。

能力値を上げるには、どうすれば良いかなと
考えたとき、技術の高い会社に入れば自ずとじぶんの技術は
あがる、嫌でも日々の職務をこなしていれば技術は上がるものです。

転職しないで技術は上がるのか?
答えは上がります、そのかわり自分で技術を磨かないと
いけないし、休日などに自分で自ら学ばないといけない。
検索と参考書と実践の反復で技術は緩やかなに上昇します。

一番の近道は技術のあるひとが近くにいることですがね。

そういやもう3年目か4年目だと。

今、働いているところで3年という月日が経つ。
なんだか早いものです。
最初は会社ではなく個人事業主だったのですが
いつの間にか人が増えて株式会社になったのです。

でも人が足りないような気がします。
どんな人でも良いわけではないので、人が足りません。

この三年間、じぶんの技術力が上がったのかと問われると
すごく微妙な感じがします。サーバ関係だけで言えば
確かに経験や知識は増えましたが、主とするPHPやJSの知識は
それほど、上がっていないのではないかなと感じます。

いま、自分が頑張らないといけないのはPHPとJSの技術を
上げることだとPHPではフレームワークであり、
JSで言えば、フレームワークだったり、独自のライブラリを
作成する事、CSSに言えばレスポンシブ対応をググらないで出来るように
なることだったりします。

この中で一番、CSSの知識が皆無に等しいぐらい無いのです。
ちなみに今の自分が会社の採用試験受けたら通らないかもしれないです。

実技試験有りです。逆に言えば資格や高学歴でも
この実技試験を通らなければ、おそらくお試し採用も無いでしょう。

いま会社に望むものと言えば、インターンでも良いので
若い人材が入ればなと思います。夏休み限定で大学生や専門学校生の求人出せば
人が集まるかもしれないなと感じますが、さて大学や専門学校の生徒さんが
どこまで出来るのかと言えば・・・疑問。

FBのQの意味。

3つの戯言。

◎フェイスブックのQイメージは謎めいている感じや賢いなどが
思うかと思いますが、このQは映画、万能鑑定士Qからそのまま取っているだけ
映画を見ればわかるかと思いますが、あぁなりたいという願望ですね。

自分は賢くないから賢く有りたいなということで
そのQという文字をFBに付けています。

以前の職場を更新打ち切りに合い、はや三年の月日が経過しようと
しています。いろいろと辞める前は思いはありました。
納得の行かない打ち切りだった、今でもそれは変わりません。

結局、数年立ちますが何も考えは変わらないと
自分の知らないところでいろいろあったと思います。
聞かずして、想像や憶測、噂から人は物事を判断するということ
それが正解か不正解なんていうのは、人生のどこかで気づくのです。

◎好き
自分は頭の良い人が好きです、自分は馬鹿なので
頭の良いひととのお話を聞いている方が気分的に良いのです。
知らないことを知っている人との話を聞くというのは有意義です。

また平等に接することのできる人が好きですね。
以前の職場で好きだった人はそういう感じがあったので好きでした。
容姿とかよりもそういう所に惹かれたんですね。
笑顔もかわいい人でした。

◎じぶんは談笑が出来ない(苦手。得意ではない。)
男女問わずコレが出来ないです。
アスペルガー症候群のひとはその傾向が強いらしい。
自分が発達障害かどうかは診断中なので何とも言えませんが
おそらく何らかの障害があるかもしれないなという事。

コレから先のためにも
どの傾向が強いのかプロに見てもらい
対応を行いたいと思います。

ちなみにおそらく親は知っているかも。
本人(薄々・・気づいている気もする。

 

夢と現実と幻想。

ココで言う夢とは、睡眠時に夢のことです。
ふと、思ったのですがもし2つの世界を行きているとしたら
変な夢の意味がわかるのかなと思います。
睡眠時に別の世界へ行きアバターとし生活をしている
としたら、目が覚めるころこちらの世界と
あちらの世界が混合して夢を見る。

あちらの世界の記憶は脳には記憶されるけど
それをこちらの記憶としては取り出すことがあまり出来ないと
したらどうでしょう。変な夢をみる意味がわかるのかなと
ふと思ったのですが・・・。

常識的な話ではないけれど
夢というのはいつも不思議な気がします。
全然知らない人が夢に現れることも有る、はたまたSF映画のような
夢を見ることもじぶんはあります。
死んだ人が語りかけてくることもあります。
それが時として、こちらの人生に影響を与えることも
あったり、夢なのに正夢だったりする事があります。

ホントに夢って不思議な気がします。
確か自分の記憶が正しければ何故、人が夢を見るのかは
分かっていないそうです。それと同じぐらい不思議なのは
何故、鳥が空を飛べるのかということ、骨の形状がスポンジ状に
なっているだけで、あんなにもいとも簡単に空を飛べるのかという疑問。

本当は人が知らない何かの力を得て空を飛んでいるのかなと
自分は思っています。

日々淡々と

日々淡々と生きてます。
この画像を作っている時に、小学生の時に
切り絵をした事がふと蘇りました。

自分、小学生や中学生の時に何をしていたのかという
記憶はほぼなし、出来事の記憶がちらほら有るぐらいで
あまり覚えていませんね。

ちなみにこの画像は背景はグラデーションを使用し
波のフリー画像を持ってきて加工をおこなってこんな感じに
仕上げました。じぶんの画像は大体は苦労せずにお手軽に
作成することが出来ると思います、制作にかける時間は大体、5分です。

凝ったものになると20分ぐらいの時もありますが、
シンプルなものは大体、それぐらいです、飽きもせずこういうの
自前で作っていますが、こういうの好きですから続きます。

継続は力なりとは言いますが、アレは半分ウソだと思います。
確かにある一定度は伸びますが、技は本を読んだり
誰かに教えてもらわないと身につかないと思います。
自分は未だにイラレの参考書をちら見した程度です、本当は
ロゴとかそういうのが自分で作れたら良いなと思っています。

Where Cards Fallという海外ゲーム

http://store.steampowered.com/app/589450/Where_Cards_Fall/

発売予定日は2018年というWhere Cards Fallというゲームですけど
何だか変わっているなと感じるアドベンチャーゲームです。

トランプという発想は海外ならではかと思います。
日本ではこういう発想のゲームは中々でてこないのではないかと思います。

http://wherecardsfall.com/

こんなゲームが小学生時代にあったのなら
帰宅後が楽しい日々を過ごせるに違いないと。

小学生時代から変わり者だったのか
あまり友達がいなかったので、帰宅後、近所の子と遊ぶか
アニメを見たりゲームしたりすることが
何よりの楽しみでした。

おそらくアニメやゲームが無ければ
鬱っていたかもしれないです。

ちなみに未だに音読があまり出来ないのですが
小学生の時は今以上にヒドい音読でした・・・し
人見知りが非常に強い子でした。

そんな漫画ドラえもんの、のび太みたいな子だった自分が
何とか生きてこられたのもゲームやアニメという
逃げ場所があったから生きてこられたのかもしれません。

昔は注意欠陥障害とか多動性障害とかいう言葉(ADHD)すらなかったのですが
おそらくそれに該当するレベルだったのかもしれません。
そんな自分が言うのも何なんですけど、自由に生きていくことの方が
大事かなと思います。(好きなことをする)

今の世の中、そういう子達を
社会に適応させるため無理に矯正させているようにも
思えるのですね。そういう子達を認める社会は良いでしょうけど
矯正するのは、じぶんとしてはどうかと思う所も有ります。

昔はそういう言葉すらなかったので
ある意味、偏見とかなかったように思えます。

人として大事なのは対等にするという事と相手を敬うという事を
幼い時に身につけることが大事なのかもしれないなと思います。

そういう事って結構、ゲームやアニメから
学んだりするのかなと・・・。

5月の雨、6月の晴れ

東京に住んでいた頃、雨の電車通勤がとても嫌でした。
高知で住んでいると通勤は殆どの人は車です、たぶんこれから先も
そうなんだと思います。自分の世代が60代になる頃には自動運転とかが
当たり前になっている世の中になるでしょう。

ちなみに今、自分は30代後半ですけど、心は20代前半の気分です。
40代になったとしても何にも変わらない気がします。
トイウコトハ、50代、60代と歳寄せても
あまり変わりそうにないです、あくまでも自分の場合ですが
他の人はそれなりに変わっていくだろうと思いますよ。

じぶんは「新しい技術に興味、関心があります」なので
少しも変わらないだろうと思います。このままの脳処理で行けば
同じかなと思います。記憶力も20代から何も変わらないので
変わらない気がします。

技術の節目ってあると思うです。
例えばパーソナルコンピュータが登場した時、インターネットが登場した時、
大きく世の中が変わっていきます。今後、大きく変わることと言えば
AIがAI2.0になった時、自動運転が普及した時、再生医療が確立した時、
5G通信が普及した時に大きく世の中変わっていくだろうと思います。

世間では、働き方改革とか言っていますけど、
それで世の中が変わっていくのではないです、世の中が
変わるのは技術の進歩が飛躍した時だという事です、技術の単価と普及率は
当たり前ですが、比例の関係にあります。単価が安いと普及率は上がります。

なので、5G、IOT、AI2.0、再生医療=自動運転の順に世の中に
普及していくのかと思います。

そんなモノで2019年には5Gというのが都市から
浸透していくと思います、新しい技術にふれるというのは
情報を知るよりももっと可能性を感じられるのではないかと思います。

18歳の開発者が作ったのか、凄いな。ゲーム名は「WAY TO THE WOODS」

オーストラリア人18歳の開発者が作ったゲーム・・・。
あまりに完成度が高くて驚愕ですね。

http://www.waytothewoodsgame.com/

ゲーム名は「WAY TO THE WOODS」というゲームでアドベンチャーゲームらしいです。
じぶんが18歳の頃はようやく独学でHTMLでHPサイトを作り出した頃です、
今では小学生が独学でHPサイト制作しますからね。

時代の流れはなんとやらですね。

ちなみにツイッターアカウントはこちらだと思います。
https://twitter.com/bogus_roxy

 

 

 

jsって言ってるアレ、そうアレ。

この頃、知ったんだけど配列とかも参照渡しなんだね・・親切だけどココは
親切にしてほしくないところかな。

$(function(){
    
    var FUSION= function(yabai){
        var fooooooooo = yabai;
        fooooooooo[0]++;
        fooooooooo[1]++;
        fooooooooo[2]++;
    },
    FUSION2= function(yabai2){
        var YaYaYaaaaaaaaa = yabai2 ;
        console.log(YaYaYaaaaaaaaa);
        return ;
    },
    t=[1,2,3];
    
    FUSION(t);
    FUSION2(t);

    
});

上記の記述で参照渡し可能になります。
オブジェクト渡しで参照渡しになるのは何となく理解できるものの
配列も参照渡しになっちゃうのはどうかと。

じぶんとしては参照渡し行ってほしくないだよね。
でもjavascriptの場合、参照渡しになっちゃう事を覚えておいたほうが
良さげです。逆にうまく使えれば参照渡し役に立つかもしれないだろうけど。