[ #映画 ]深夜食堂を観て思ったこととかネタバレ無し(´Д`)b

映画『深夜食堂』公式サイト - 2015年1月31日(土)全国開店

[映画]深夜食堂を観て思ったこととかネタバレ無しで書きます。いろいろとワケありな人々が登場するのですが、みんなそれなりに悩んだり苦しんだり傷ついたり傷つけたりして自分ってものを消化していくだと映画を通して学んだというか思いました。これを小学生とかが見るとなんだこれと思う作品になっているかもしれませんが、徐々に年老いていくと作品(深夜食堂)が意味するトコロがわかってくるような気がします。そして、オダギリジョーさんが主演している映画は結構良い作品が多いと思いました。オダギリジョーさんが情熱大陸に出ていた時にインタビューを受けてましたけど、テレビ嫌いというか俳優としてちゃんとしている役者さんだと感じました。一本線を通して(筋ね)生きている人だなぁと感じまし、、やっぱりプロであり大人だなと感じました。そういう面、まだまだ自分は大人じゃないですけど、大人はそれなりに苦しみをわかっている人だと思います。自分は子供がよく大人だといいますが、ある面、子供は大人なんです。ある面とは、その本人に対してはっきりとモノを言うという所です。的確にモノを言うから、その時は傷つきます。傷つくことであれ言うことが大事なんです。「嫌い」「好き」「ごめんなさい」「ありがとう」「これは駄目」など、それが言えることが本当の大人なんだと思うわけです。その時、それが傷つくことで、あってもそれが一番、その人にとって良いことなんです。傷つけないように間接的にいろいろするのは大人でも子供でもないような気がします。映画の話に戻りまして、この深夜食堂では、いろいろなワケありな人達の人間ドラマが30分のオムニバス形式で展開されます。結構、自分はこの深夜食堂はおすすめです、観る層によって印象が変わってくると思いますが・・・。

こんな人に観てもらいたいとか自分は思っています!

失恋した人、思い詰めてる方などなど、辛い思いした人。苦しんだりした経験がある人が見ると良い映画だと感じると思います。全然、順風満帆で来ている人は観てもあまり心に響かないかもしれませんが、苦しんだりした経験を持つ人が見ると感動するかもしれません。自分は、結構、来るものがありました(お客さんの中には泣いている人がいました。年齢層は年配者が割合的に多かったです)。

・深夜食堂のエンディングにも流れている曲:思ひで、こちらからDL(入手
・原作の漫画は個性的な画風です(好き嫌いがありそうです)高知県四万十出身:安倍夜郎さん。

追記:

この頃、オダギリジョーさん、TV出てますね。オクモリ監督って番組に!。

[映画]Annie:アニーを観て思うこと、いろいろ(´Д`)。

映画『ANNIE/アニー』   オフィシャルサイト   ソニー・ピクチャーズ

映画、Annie:アニーを観て思うことがいろいろとありました。映画ははっきり言って「レ・ミゼラブル」の方が断然良かったです。わざわざミュージカル風にアレンジしなくても良いじゃないという感じでした。あまりオススメ度はない感じです、、、ただストーリーからいろいろと感じることがありました。映画の中で歌われているトゥモローを聞いいて考えさせられ事があります、それはこの先どうしようかなっていう漠然とした不安なんですね。非正規雇用者が3人にひとりの世の中です、非正規雇用者が悪いとは言いませんが恐らく、このまま日本もアメリカみたいになる可能性(二極化)が高いです。まず、今回の派遣の法改正で何が変わったかといえば基本的には何も変わっていないですね。逆に言えば雇用主が雇いやすくなっただけです、目の前にある事をたんたんとこなす毎日を行きている自分ですが、一応、先のことを考えています。結構、毎日のことでいっぱいいっぱいで先のことまで頭がまわらない人もいると思いますが、先のことは考えたほうが良いです。自分はいま何らかの舵を取らないと行く行く転覆しそうな気がします。どう舵を取ればよいかがすごく悩みどころなんですね。舵を取る前に船の補強をしたほうが良いのかとか、どの進路に向けて舵を取れば穏やかな運行できるのかといろいろと考えることがあります。世の中めまぐるしく変わってきています、医療分野とか安泰ですが、その他の分野はこれから排他されていく産業や統合されていく運命になっていくと思っているので見極めがかなり難しいです。5年後か10年後、IT革命のようなブレイクスルー(人工知能やビックデータを使った新たな産業)が起きそうな気がします。今回は予兆があるので分かりやすいですが恐らく人工知能の知能向上は大きく社会を変えていく可能性が高いです、いままの間の手法で知能が向上していけば全然、問題なく緩やかなカーブを描いていくと思うので社会にはそれほど急激な変化はもたらすことはないと思います・・・・(いまの方法だと人工知能は特異点を超えることはないと思います)。ただ、徐々にいままで人の仕事だったものが人工知能やロボットに置き換わっていく可能性は非常に高いです。そうなる事も踏まえつつ舵をとった方が良い気がします(言い過ぎだな)。

この頃、これを考えるようになっています『いつまでもあると思うな親と金』です。人は楽観視しやすいです、良い方に考える癖があるです。その考えは気をつけておいたほうが良いです。悪いことも起こると思って考えて動いたほうが良いです、あと過去に浸らない事です、よく過去はこうだったという人は今の現状に満足していない人です、その過去の栄光にすがりついていると痛い目にあいますので現実を見るの事が大事です、そういう事をAnnie:アニーという映画を観てなんとなく感じました。

 

まとめ:冷たい人に思われるかもしれませんが、よく人は大丈夫、大丈夫なんとかなると言いますが確かに心配しているよりかはマシな結果が返ってきますが、結果的に良かったことというよりは納得しているだけな気がします。そうならないためには、やはりそれなりに策を建てたりしないといけません、Annieの映画のようなシンデレラストーリーが世の中転がっているわけではないと言うことです。希望を捨てないという事はよいことですが、希望だけでは駄目だともいえます。冷めててすみません・・・結構、冷たい人です。

映画のサントラ貼っときます(´・ω・`)

1.メイビー
2.イッツ・ザ・ハード・ノック・ライフ
3.トゥモロー
4.アイ・シンク・アイム・ゴナ・ライク・イット・ヒア
5.イージー・ストリート
6.ユーアー・ネヴァー・フーリー・ドレスド・ウィズアウト・ア・スマイル
7.オポチュニティ
8.アイ・ドント・ニード・エニシング・バット・ユー

プログラマーじゃないのにコードが書ける人がゾクゾク(´Д`)?

pg

プログラマーじゃないのにコードが書ける人が今よりかゾクゾクでてくる時代になると思います。韓国だったかアメリカだったか忘れてしまいましたが情報処理というものが義務教育の中で必須科目になっている国が有ります。はっきり言って、もうそんな時代です、コードが書ける人との年齢は徐々に下がっていくと思いますが、だからと言ってプログラマーの人口が増えるかといえば、たぶん違います、いまより少し増えるぐらいだと思います。数学が得意な人もいればそうでない人がいるように情報処理にも得意不得意なひとがいます。自分は得意不得意でいえば微妙ラインです、嫌いではないけれどコードを書くのが面倒くさくなってきています。書く前にいかに短いコードで書くか考えて書くように最近なりました。でも書いている途中でコードの無駄に気づいて書き直しを何度かして、これ結局無駄な作業じゃんとひとり呟いている事があります。ここから話し脱線します。自分の場合、WEB系のコードが大半なのでメモリを意識することはないのですがC言語とか比較的に気にしなくて良い(嘘)Java言語などはそういう事も考えてかなければいけないので自分には向いていないなと思います。いま、共有サーバーを借りていますが仮想サーバを借りて勉強しようかなと思ったりしていますが実施はしていません。あくまでも構想止まりです・・・・いまレンタルサーバを借りることも無駄な費用かなと思っているのです。コードは、ある程度書けるようになったけど、いまひとつ技術の伸び悩んでいる気がします。目標とするひとが・・・結構高いです。でもやっぱそうなりたいんですね・・・・。ちなみに高知県にも腕の立つ技術者はいます、自分が就職活動していた頃に出会った中小企業の社長さんは技術者あがりで凄く技術に精通してました。募集もかけていない会社だったので雇ってもらえなかったですが、いろいろと教えていただきました(アドバイスもしてくれました)。他にも何人かスゴ腕の技術者さんを知ってます。自分は我流なのでなんだかなぁ~と思う部分があるわけです。有名な大学の研究員や医者の方が綺麗なコードを書いています。そう思うと自分なんて全然なわけですが、自分はそこまで近づけたいなぁという気持ちはあります。デバック作業でいろいろなコードを見ていると全然なものが多いです・・・一応、国のプロジェクトに参加していました。ほぼデバック作業というよりはコード解析してました。千行か万行か忘れたけど一万行は解析したと思います(死にます:毎日終電帰って始発で仕事)。この現場にいて良いのかという気持ちで押し潰れそうになったことは何度かありますが、あんな経験は二度と出来ないと思うので、今思うと良い思い出です、その当時はそうは思えなかったですが・・・。

今思うとついでに、ある会社を潰したの自分かも事件?。ある会社が今、存続しているか知りません。ある会社で2人作業でWEB制作を行っていました、自分が入る前まではHTMLオンリーだったのですけど自分が入っていてからPHPなどのいろいろな言語の制作を自分が行いました。もう一人がうけもっている仕事も全部、自分が受け持ってました。言うまでもなく手柄は自分ではなくもう一人の彼がやったことになっていたのです。勉強してくれと言い続けたのですが勉強せず、結局、自分がやめてから教えてほしいから来てくれと電話がかかってきましたが、プログラム言語を一日で理解できる人なんて余程頭が良い人以外にいないと思ったので丁重に断ったのです、その後、会社のWEB更新が止まってしまいました。自分が何が言いたいかといえば、彼が悪いという話ではなく、ひとりだけ技術を持っている人がいる状態は非常に会社として危ういのだということを通関しました。小さな会社になれば、なるほどひとりの社員が抜けるだけで会社が存亡に関わるのだということを学びました。

エピソードはコレぐらいにしておいて話を戻します。結論から言えばプログラマーじゃないのにコードが書ける人は結局、あまり増えないと思います知識として持っている人は増えると思います、そして今よりかは技術者は増えていくのだろうと思ってます。それが言いたいためにダラダラと書きました。(^^)

明日は映画、Annie(アニー)についてレビューします(仕事前に見に行くつもりです)。
たぶん日曜日には技術ネタをひとつ掲載します。

 

ブログが続く人、続かない人の訳(´∀`)、SEOとかそんなの置いとけ。Part2

 

昨日の続き、ブログが続く人はだいたい自分の好きな分野で書いていることが多いです。自分ではパソコンヲタクではないと思っているだけで、たぶん、はたから見ればかなり、パソコンやプログラムに関してはマニアックなところまで知っているだと思います。一般市民から見ればヲタクの分類分けされるだろうと思いますが、自分ではフィギュアとか持ってないし美少女アニメとか見ないしガンダムも知らない系なのでヲタクの分類分けをすると省かれるところに居座っているとは思っているですけど・・・でも一般市民からすればヲタクなんだろうと。ちなみに何故かこの分野の人って結構、ガンダムをこよなく愛する人が多いです。たぶん世代を通して話せる話題なんでしょうね、ある意味、共通言語みたいなものになっています。話し戻しまして基本的に好きな分野を掘り下げていくとネタにもなり自分の知識アップや能力向上にも繋がるので、そういう分野で記事を書くことをオススメします。

SEOの話になりますが何の記事で書けばよいのか?、いちばん、おすすめは誰も敵がいない分野で書くことです。自分みたいにIT関係や映画のレビュー系だと敵が結構多いですね。ある意味、激戦なのでグーグルに記事を拾ってもらうのも結構シビアです。誰も書いていなく誰一人として土俵に上がっていない分野が一番有利です。

あと本屋さんに行けばSEOの参考の本などが並んでいると思いますが、はっきり言って役に立たないです(みんながやっていることですから)、じゃ何を参考にすればよいのかといえばWEBマーケティングの本だったりします。この本に書かれている内容は基本的にネットでどう立ち振る舞えば集約が多くなるのかといった話です。俗にいうネット上の営業です。

自分が気おつけている事ですが、記事の内容が少ないと拾ってもらえませんが、あまりSEOを意識しないことです。そこだけがポイントであとは地道な日々の積み重ねです。もうひとつ言うと、SNSと連携していなければ大体、初期のアクセス数はひと桁台です、それが一年間ずっと続いたりします。それでも日々の蓄積は大事です、いつ芽が出るか分からないからです。自分の場合、ある過去記事が、テレビで放送された後、検索ワードとリンクしてアクセス数がいきなり増えた経験があります。グーグルさんは新しい記事よりも古い記事のほうが信頼性が高いと判断しやすいです。なので未来に起こることを先読みすればアクセス数は増えるですけどね・・・・。そんな未来予測は誰も出来ません・・・・ただ未来予測はできないけれど大きなイベント等は予定に組み込まれていますし、テレビ番組は一週間先ぐらいまで予定として組み込まれています、なので全然、未来予測ができないわけでもないのです、トイウコトデ、そこが二つ目のポイントです、そういう事を念頭に置いて書くと、運が良ければ検索で上位に並ぶ可能性があります。

検索話のうんちく…、ユーザーは4つぐらいの方法でブログなどを閲覧しに来ます。1つ目は検索よる訪問、2つ目はSNSよる訪問、3つ目は紙媒体の広告やメディアによる広告でアドレスの直接力や検索を使い訪問、4つ目は他のページからリンクよる訪問、この4つだと自分は思っています、その中で検索が未だに重要なポイントを占めています。そしてこの検索が徐々に賢くなってきていて、今では、検索する場所や地域などにも関係してきています(もう過去形)。それがもっと賢くなってきていて今では位置情報を割り出して検索ヒットの順番を変えてたり、位置情報や時間帯からユーザーのニーズに答えるものになっていますし、検索アカウントログイン有無関係なしで検索過去履歴や時間帯なども考慮して検索結果を表示しています。また検索ワードが同じでも、時間を置いてから検索すると表示順序が変わってたりします。この検索の技術向上に裏には人工知能とビックデータが存在します。今後、この技術はますます向上していくと思いますので、これからは検索のことを考えるよりも、いかにすればユーザーが満足してくれるかを考えたほうが良いと自分は思っています。逆に言えばSNSユーザーに焦点を当てたWEBマーケティングを行ったほうが良さそうです。

 

ブログが続く人、続かない人の訳(´∀`)、SEOとかそんなの置いとけ。

 

ブログが続く人と続かない人の違いは何だろうと考えた時、続く人はブログを書くことが苦になっていないという事に尽きると思います。よく巷でブロガーさんとか言うもので、生計を立てている人がいます(彼らは随時更新です。)。彼らはそもそも嫌いで、その分野で生計を立てているわけではないと思うのですね。たまたま書くことが自分に向いていて、それなりに文才があってユーザーを飽きさせない情報を流せる人だったという人が、いつの間にかユーザーが集まってそれでご飯が食べれるようになっただと思います(そう言う話をよく聞きますし・・・)。流れ的に、それでご飯が食べれるようになっただけの話なんですね。逆にブロガーやアソシエイトなどで生計を立てようと意気込んでいる方がだいたい道半ばで挫折する人が多いです。書いてる本人が楽しくなくては、やはりブログって続かないと思うわけです、特に個人で書いているブログは自分の意志で書いているわけなので辞めるのも自由意志なわけです。なので基本的に書くことが好きな人が続けられると思います。

自分の場合も毎日ブログを更新することは全然、苦でもないです、ある意味、自分の一日の日課の一つにブログを書くことが入ってます。自分は無理してまで、ブログやSNSを続けることはないと思います、無理しているとマスマス嫌になってくるだけなので、そういう時はピッタと休止することをオススメします。そしたら、また始めたい気にもなりますからね。あと自分はコレやってます!!→ブログのストックを作って置く!!そうすると余裕がでやすいです、ネタが無いときは下書きしておいた記事を放出するという手段を自分はとってます。そうすることでスランプ状態も苦にならないですね(そのうちネタの神様が降りてきますから)。ちなみに自分がブログを更新する理由はストレス発散的ようそも有りますが、、記事を書いていくうちに考えが纏まったりします、またIT系の記事だと学んだことの復習にもなります、そういう観点もあって自分は続けてます。あとは数年後、自分の記事を振り返ると結構面白いですよ。

Part2にづづく。

HDDからSSDへシフトしたった(´Д`)そうなんです。へぇ他人事。

DSC01036

HDDからSSDへ全てのデータをシフトしました。いままでCドライブ以外はHDDが現役でしたけど、全てSSDへ移し替えました。自分はサブの保存領域で2つのドライブを構えてます。1つ目は撮りためた写真の保存領域です、もうひとつはWEBやプログラムの保存領域なのですが読み込みが前から遅かったので移そうと思っていたのですが、HDDまだまだ大丈夫だから、「まだいいや」とつい最近まで思っていたのですが・・・、数日前からHDDから異音がするようになったので、重い腰を上げてSSDを購入しました。買ったSSDの容量は60Gバイトです、それを2個購入しました。容量的には然程、容量が多いわけでもないのですけど自分はコレぐらいで丁度ぐらいです。動画を保存しているわけでもないので全然60Gバイトで足りるんです。ちなみにCドライブのSSDの容量は250Gバイトです、大半がOSで容量を取ってますが、43Gバイトの空き容量があります、次期OS、Window10を入れるとなると500Gバイトに移行しないといけないなとは若干思いありますが・・・今のところはSSDの値段の動向を見て判断します。

 

ちなみにSSDをHDD3.5インチケース(変換マウンタ)に装着して取り付けをしています。自分が持っているパソコンケースは簡単にHDD取り外し可能なタイプなのですが、取り外しが2.5インチのHDDやSSDには対応していないのでHDD3.5インチケースが必要となったわけです、なお現在のフルタワーケース(パソコンケース)などでは、2.5インチ取り外し可能なタイプも出ているとの事です。

 

 

エクセル2007単体のVBA開発ではカレンダー表示なんて出来ないだったら(´Д`)VSだ。

無償の開発オファリング

エクセル2007単体のVBA開発ではカレンダー表示なんて出来ないだったらVisualStudio2013の無償版で開発だ!ってことです。その前に前書き:Excel2007単体ではカレンダーをコントロールパネルから呼び出せません。またAccess2010、2013にもカレンダー機能は存在しなくなっています(日付機能で代替)。エクセルもたぶんそんな感じです、その変りにdate pickerかカレンダー12とか言うものが開発のコントロールパネルから追加できるようになっているのだとか昔のAccessインスコしてたらの話です、Access2007のランタイムやVisualStudio6.0などのランタイムが入っているとかAccess2007以前ものがPCに入っている場合に限りコントロールパネルからカレンダーボタンが追加可能とか言うものです、なので基本的に初期のパネルにあるボタン以外をコントロールパネルから追加して使用することは今後のためにやめといた方が良いみたいです(いつ廃止になるかわからないので)。

特に不特定のユーザーに配布する場合は注意が必要です(配布時に合わせてランタイムもインストールしてもらう必要が発生します)、なのでそんなのだったらVisualStudio2013の無償版を使用した方が良さそうだと思ったので、無償版(VisualStudio2013無償版DL)をインストールして開いてみましたら、メニューバーが英語表記だったので日本語化のためLanguageを当てました(日本語化2013DL)。インストールしている途中で警告メッセージが出たりしてもムシって適応してください。インストール後、PCを念のために再起動します。

そしてVisualStudio2013を開きますが、この時点で日本語化されている訳ではないです。開いたらTOOL(つーる)のOption(おぷしょん)のInternational setings(いんたーなしょなる せっていんぐ)を選び、Language(らんげ~じ)の選択枠から日本語を選びOKを押下後、VisualStudio2013を再度立ち上げ直します。すると・・・日本語化されたメニューバーになっています。うんちく話は終わりとφ(..)

次回、開発に続く・・・・?(つづきは今度書くかも)。

※ちなみにVisualStudio2013をインストールするにはMSのアカウントが必要となります。インストール時に何やら言語の設定項目が表示されますが、General(じぇねらる)を選んでください。

ちなみにちなみに自分が水面下で何やらしていることとは全然関係ありませんので(^^)。

ちなみにちなみにちなみに・・・・VisualStudio2013無償版かなりすごいです、パッケージ化できるかどうかは知らないけど全然余裕で開発できるじゃねと思います。パッケージにしなくてもデバック時にexeファイルは出来るのでそれを配布する手はあります。そのまま配布するとウィルスと間違われる場合がありますが・・・・。

脳科学者、中野信子さんが出ていた情熱大陸をイマゴロ見て(´Д`)m

中野信子オフィシャルブログ「l'esprit d'escalier レスプリ・デスカリエ」Powered by Ameba

脳科学者、中野信子さん(かつらの人)が出ていた情熱大陸をイマゴロ見て、小学生の時に頭が良すぎてはぶられたエピソードを話していました。そこでふと・・・・思ったことがあります。それは、みんなプライドというものを持っているのだなと言うことです。その事を自分は何となく、理解してきましたが・・・・続き→自分はそこがあるけどあまりない、自分より他人が出来ていてもすごいなと思うぐらいなので(見えははりますが)・・・。自分を基準に考えたら駄目と思いつつも、ついつい自分基準から抜け出せない自分がいましたが、最近はそのこともスルーして他人は他人だと半分弱ぐらい割り切って生きてます。話を若干もどして、学びの事について:勉強ってだいたい理解するのが早いか遅いかの違いで時間かければ大体の人は身につくものだと自分は思っています(自分みたいに、放棄する人以外は)。そして知識っていうのは2つあって理解して知識となることと、覚えていることがイコール知識となることです。なので知識というのは、その身に付ける行為をするかしないかの違いだと自分は思います(´Д`)m、

話し戻しまして、脳科学者、中野信子さんはサバサバした性格で自分を持ってて面白い人だなと情熱大陸を通して思いました(これが言いたいだけに能書き垂れました(´Д`)m)。歯に衣着せぬ物言いっていうですか、敵も多そうですがその分、味方もいるでしょうね。

ちなみに自分はあまりテレビ見ないので脳科学者、中野信子さんがどんなことをコメントしているか知りません(`・ω・´)。

 

Qiitaは、プログラマのための 技術情報共有サービスです。まんま(´Д`)

Qiita - プログラマの技術情報共有サービス

Qiitaは、プログラマのための 技術情報共有サービスです。そのまんまのサイトです、勉強のためにアカウントを取得しています(http://qiita.com/zip358というアカウントを取得済)。いろいろなWEB系に関するプログラムの技が勉強できたりします。こういうのでプログラム情報共有サイトで有名ドコロはwonderfl.netjsdo.itがいうものが人気が高いです。

ちょっと今、水面下でひとつウェブサービスをゴニョゴニョと制作しています。まだ全然作れていないのですけど4月か5月あたりに世に出せたらよい感じかなと思っています。少しづつ制作しているのでそのぐらいかかると思っています。その制作するサービスの広告掲載方法にあるボットサービスの処理方法が良かったので考え方をパクらせてもらうことにします事をメモ書き程度に残しておきます。ただ広告掲載の審査に通るかが問題になりそうです・・・・。Amazonってこの頃シビアになってきたので・・・・。

あと話しが変わりまして、落書きと言うなの絵の随時更新はいったん中止します、更新自体は随時更新のままですがある程度、絵も書いたので今後は適度に更新していきます(´Д`)mのでよろしくです。

 

PHP学習サイトでレベル20の問題をごねってみた。ゴネゴネ(´Д`)m

poo

 

前回の記事で紹介したPHP学習サイトでレベル20の問題を解いてみました。実際、学習サイトでは解かなかったのですが一応、サンプルサイトを作ってみました(※最新のブラウザでしか表示されません)。作るにあたって苦になった所はゼロです(ΦωΦ)フフフ…。HTML5のFormタグ書いてゴニョゴニョ…(ノ゚д゚(; ̄Д ̄)。して送信しています。POSTで送信して自分自身でキャチした値を表示しています。かなり文字などは見えにくいですが、お遊びで作ったのでユーザー側の操作性などは知らんぷりです。送信ボタン押下後、一回ページが再度読み込まれたり違うページが読み込まれて処理される処理のことを同期処理といいます。じゃ非同期処理はどんなのっていうのを、今度、サンプルサイトを作ってみることにします。今回、重要なポイントはformタグ部分とPHPの処理部分です。その他はおまけです。※今回のサンプルコードで見て欲しかったのは、送信した時にHTMLタグなど記入されていたら変換している事とtextareaに改行コードが入っていたら改行して表示させているトコロがポイントです。あとの背景に動画流しているとか、そういうのはε-(´∀`*)ホッといてください自己満足の世界ですから・・・。

サンプルサイトを貼っときます。
https://warera-web.com/tool/sample-echo/index.php

必要なファイル
同じ階層に必要なファイルindex.php,vide01.mp4(フリーの動画を引っ張ってきました(^^))

index.php

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>warera-web.com:sample-echo?</title>
<style>
video {
    position: fixed;
    right: 0;
    bottom: 0;
    min-width: 100%;
    min-height: 100%;
    width: auto;
    height: auto;
    z-index: -100;
    background-size: cover;
}
textarea{
	width:250px;
	height:300px;
}
#main{

	position: absolute;
	top: 0;
	left: 0;
	right: 0;
	bottom: 0;
	margin: auto;
	width:650px;
	height:600px;
	background:#556B2F;
    filter:alpha(opacity=40);
    -moz-opacity: 0.4;
    opacity: 0.4;
    -webkit-border-top-left-radius: 10px;  
    -webkit-border-top-right-radius: 20px;  
    -webkit-border-bottom-right-radius: 30px;  
    -webkit-border-bottom-left-radius: 40px;  
    -moz-border-radius-topleft: 10px;  
    -moz-border-radius-topright: 20px;  
    -moz-border-radius-bottomright: 30px;  
    -moz-border-radius-bottomleft: 40px;  
}
#sub{
	width:250px;
	height:400px;
	overflow: scroll; 
    filter:alpha(opacity=80);
    -moz-opacity: 0.8;
    opacity: 0.8;
	background:#fff;
	color:#DC143C;
	font-size:16px;
}
form{
	margin: 50px;
}
input,textarea{
	filter:alpha(opacity=80);
    -moz-opacity: 0.8;
    opacity: 0.8;
	color:#DC143C;
}
</style>
<!--[if lt IE 9]>
<script src="http://html5shiv.googlecode.com/svn/trunk/html5.js"></script>
<![endif]-->
</head>
<body>
<?php
 
?> 
<video autoplay="" loop="" >
    <source src="./vide01.mp4" type="video/mp4">
</video>
<div id="main">
<table>
<tr>
<td>
<form action="./index.php" method="post">
<input type="text" / name="name"><br><br>
<textarea name="msg"></textarea><br><br>
<input type="submit" /><br>
</div>
</form>
</td>
<td>
<div id="sub">
<?php
	echo htmlspecialchars($_POST["name"])."<br><br>".nl2br(htmlspecialchars($_POST["msg"]));
?>
</td>
</tr>
</div>
</body>
</html>